スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

社長令嬢の愛人

「はっきり言って社長令嬢の愛人なるだけで月20万もらえる俺って勝ち組www」

 当ブログにこんなコメントがあった。

 「社長令嬢の愛人」と「月20万」の結びつきの妥当性、バランスが気になって気になって仕方がない。私の感覚ではこれは相当に安い。完全に負けていると思うのだ。
 私がもし「社長令嬢の愛人」という職業についていたら…。

-----
 まず都心に近いマンションに住んでいなければならぬ。彼女のコールに即応せねばならないし、もしかしたら彼女を泊めることもあるかもしれない。郊外の、築10年以上のアパートというわけにはいくまい。

 アキバ系ファッションで通すこともおそらく不可であろう。
 もちろん、彼女はどんどん服を買ってくれるのだろうが、彼女に会うときに着ていくのがいつも「以前買い与えた服」だったら、彼女にどう評価されるだろうか?あるいは貰った服を古着屋に売ってしまった後で「この前買ってやったアノ服どうした?」と聞かれたら?

 普段の食べ物もインスタントラーメンやコンビニ弁当ばかりで過ごすというわけにはいかないだろう。(別に私だってインスタントラーメンばかり食べているわけではないが)
 彼女が一体どんな店で食事したがることか。世界各国の料理の食べ方を一通り学ぶべく、テーブルマナー教室に通うくらいのことはしておきたい。酒の席で彼女より先に酔いつぶれるなんてもっての外。

 確たる理由もなく、ある日突然解雇されうる立場だ。失業保険もない。彼女の都合が最優先だから、できる副業だって限られる。彼女から離れている時間は自由時間ではない。待機時間なのだ。

 「愛人になるだけ」と書かれているが、一人の人間が「愛人」としてやっていくのって相当に大変だと思うのだ。それをたかだか月20万なんてとんでもない話ではないか。
[ 2007/10/31 22:50 ] 日記 | TB(0) | CM(1)

一つの推理

>>こんなうたい文句につられる男がいるのかな???
 まず、女社長ではなく、社長令嬢であるところにポイントがあるようです。
 月20万円が大金、かつ多少は現実的な金額(←ここ重要)に思える経済観念の持ち主。
 で「愛人」=気軽なお付き合い、と考える人。

 これで、かなりターゲットが絞られてくるのではないでしょうか…。
[ 2007/11/01 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/85-a6965063










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。