スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴミのような

 ゴミの収集日を忘れて、出し忘れたゴミが台所の一角、いや三角くらいに積み上がっている今日この頃。
 毎週決まった曜日に収集される燃やせるゴミなどはともかく、隔週とか月2回とかいうサイクルが設定されているものって、ついつい忘れがちじゃないですか?ウチの町田とペットボトルなどがそう。
 収集日の通知サービスとかないかなぁ。…はい、あります。

 ゴミ収集日お知らせサービス53cal(ゴミカレ)
 http://www.53cal.jp/

 しかし、ウチの町のデータは登録されておらず、自分は利用できない。うーん、どうしよう。
 いっそ、自分で作るか。Googleカレンダー「ごみ収集日」。

 一度は手作業で作成してみた。「繰り返しの予定」で楽に作れそうだと思ったのだ。
 が、一見規則正しく見えて、正月、GWなどで繰り返しがズレることがままあり。収集日にペットボトルを運んでみたら空振りみたいなことを何度かやった。
 毎年設定される年度予定にちゃんと合わせないと使い物にならんなあ、と。

 「繰り返しの予定」機能に頼らず、一年365日分の予定を手作業で作成するのは無茶だ。
 考えたのは、Googleドキュメント上に作った日付データから、カレンダーを生成する方法。


 このようなデータから。


 このようなカレンダーを作るのだ。

 GoogleAppsScriptという、MicrosoftOfficeでいうVBAみたいなスクリプティング環境をGoogle自身が提供している。それを利用してゴミの種類と日付をもとに予定をカレンダーに作り込んでいくのである。
 GoogleのヘルプとJavaScriptの参考書等を見ながら、それっぽいスクリプトを書いてみた。
 (試行用に作ったものなので、品質については勘弁)

 マジ遅い。これ実行すると、たまにヘンな落ち方するから気をつけて。というか実行しないでね。
 あと、カレンダー上に生成された予定の日付がズレている。

 遅いのは、セルの値をループ回しながらいちいち問い合わせているのと、カレンダーのイベントを1個1個追加しているのが理由だと思う。
 前者はセル単位でなく、シートのデータを範囲指定でいっぺんに持ってくればいいはず。
 後者はGoogleAppsScript単独では厳しいみたい。もしかしたら、XMLとかJSONデータを作成してバッチ反映みたいな迂回が必要かも。う~ん、なるべくGoogleAppsScriptで完結させたかったんだけどなぁ。
 カレンダーの日付のズレについては、Google各サービス間のタイムゾーン設定が整合しているか確認しないと。ワールドワイドなサービスではままある話。
 あと、実行が遅いなら遅いなりに進行表示を設けないと。ということはGUIも作らなきゃだ。

 …と、色々検討、試行しているウチに今度はAPIの呼び出し回数の制限に引っかかった。とほ~。
[ 2011/06/16 19:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

素直に

携帯のスケジューラに書き込めばいいと思いますた。
[ 2011/06/16 21:07 ] [ 編集 ]

>山形ミクラスさん

一年365日分の予定を手作業でつくるのマジ勘弁。
(実際、一度はやってみたのですが、断念しました)
Googleカレンダーで作るのは、iPhoneやPC等複数の機器で共有できるからです。
[ 2011/06/17 13:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/450-22e63ab8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。