スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語の勉強(をしない話)

 「インターネットで世界と繋がろう!」とかいう気持ちは全然なくて。ソーシャルゲームに参加してみたら周りがガイジンばかりだったり、海外ソフトを使ってみたらトラブルでサポートに連絡しなきゃならなくなったとか、あまり前向きでない理由で英文書く機会が増えてきた。
 なんとなく、自分なりの考え方、やり方みたいなのが確立してきたので記録しとく。


1. これを意識すると楽になった
1.1 会話のテーマはあらかじめ決まっている
 ゲームについてのチャットだったり、ソフトのトラブルについてのメールだったり、読み書きする内容は特定のテーマと目的と常識に沿っている。
 ソフトのサポート担当がいきなり「恋人はいますか」と尋ねてくる可能性は(例えそれを望んでいたとしても)ほとんどない。
 使われる単語の多くは挨拶を除けば、テーマに沿った用語であり、これらは辞書を引くまでもなく、予備知識として既に頭にあることが多い。一番大切な手がかりを既につかんでいるのだ。
1.2 「英会話よりはるかに楽」だと思っておく
 そもそもの出発点として、非コミュの日本人が同じく日本人であるはずのリア充と会話しようと試みるのとは比較にならないほど楽だ。
 メールのやりとりなら半日~1日くらいの感覚は普通だし、チャットでも秒単位の反応を求められることはまずない。相手からこちらの姿は見えないのでカンニングが恥ずかしいという話もない。
 おまけに発音やヒアリングという困難を乗り越える必要すらない。文字を発明した古代の人々に感謝だ。

2. 敷居をなるべく低く保つ
2.1 早めに日本人(だから英語が不得意)であることを相手に知らせておく
 「日本人の英語下手は世界の常識である」というのがどこまで真実か分らない。が、英語ネイティブでないことを表明しておくと(相手がどう思うかはともかく)自分の気持ちが楽になった。
2.2 必ずしも正しい英語を使う必要はない
 ソーシャルゲームに参加していたガイジンたちは、そもそも正しい英語を使ってなかった。最初に戸惑ったのが"h r y"。ハウアーユーなのだと理解するのに10分以上かかった。省略されてない単語のほうが少なく、カンマどころかピリオドやクエスチョンマークまで省略されるので文の継ぎ目が分らない。Google翻訳もお手上げだった。さすがに途方に暮れた。最終的に相手に「分らないので教えてくれ」と頼むことで解決した。
 最初から間違いのない英文を書くことにこだわるより、相手に自分の意図が通じているか、相手の意図を自分が理解しているか確認しながら対話を進めていく方が確実でもあった。

3. 道具立て
3.1 Google翻訳
 やっぱり文法の知識が心もとないので、英文を読むときはタブブラウザの別タブにあらかじめ待機させていることが多い。マニアックな分野の語彙にもある程度対応しているし。
 翻訳結果が微妙なときはどうするか。修飾語を省いてみたり、長すぎる文を分解してみたりとこねくり回しているうちに、なぜか自分の方が適切な訳にたどり着くことが多い。
 あと、自分の書いた英文は、適切かどうか逆翻訳してチェックすると安心感に繋がる。
3.2 インターネット辞書
 Google翻訳で納得いかなかったときに補助的に使う。自分の場合は英熟語。
3.3 ずるっこ!
 長文を読むときはこれが頼り。英文の各単語に日本語のルビを振ってくれるサービス。だが、ツールチップ方式で複数の訳を読めたり、「こんなの知ってるよ」という単語にはルビを振らないこともできたりする。(既知の単語はユーザー毎に記録される)
 http://zurukko.jp/


 こんなかんじ。


Lang-8、しばらく遠ざかっていたけど復活しようかなぁ。海外のアニメファンが書いた日本語を添削するのが楽しいのだ。
[ 2011/05/22 02:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/449-f653d423










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。