スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

母校

 帰省ついでに所属していた高校とその城下町を見に行ってみた。


益岡高校(仮名)の天守閣は、未だ平成7年建設当時の雰囲気を残している。
天守閣


天守閣から白石市街を望む。
白石市街


高校の正門。両開きの大きな扉は殿の登城用。学生は右側の通用門を使用していた。
城門


高校の制服。左側が男子用。校則で定められてはいたが、実際の着用は自由だったので学生は特別な時以外は私服で過ごしていた。右側の制服は益岡女子高校(仮名)のものだが、現在この2校は合併している。
制服制服(男子)制服(女子)


私が所属していた、エネルギー物理究所は城内のこの位置にあった。
校内見取り図


益岡城の公園。花見の場所としても人気が高く、数々の悲喜劇の舞台となった。
公園


遠征時などに兵士が掲げたのぼりの一種。
のぼり


その突進力で数々の敵をなぎ払い、人間兵器とうたわれた伝説の突撃兵、大砲萬右衛門の銅像。
大砲萬右衛門


学生時代に本を立ち読みしたり、文具を買ったりしていた書店の遺跡。発掘調査は一段落し、今では公園として市民に開放されているようだ。
たかじん書店遺跡


蔵楽 in イルパッソ
http://shiromachi.exblog.jp/7429560/ (白石まちづくり)
在学時にはまだ無かった店。夜にはカフェ。夜にはイタリア料理が出るらしい。ミントティーがうまかった。


白石城
http://www.shiro-f.jp/shiroishijo/
[ 2010/08/23 18:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/406-b37e551e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。