スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

平賀源内研究所

<民主党>「平賀源内研究所」構想 国がタイムマシン助成?
http://aether.air-nifty.com/clear/2010/08/post-3ef6.html
(ClearAetherさん)

 センスは悪いと思うけど、自分的にはアリかな。

 「イグノーベル賞狙いの研究」とか「製品への応用が期待できない研究(文学とか)」とかは市場原理からも事業仕分けの仕組みからも金を出す名目が立たんから。「他の国との競合を避けやすい、ニッチな研究を掘り起こす」ってのは「ゴミ同然の値段で売られている株をたくさん買って、その中から一つでも大当たりが出ることを期待する」っていう投資法と同じで、それはそれで一つのやり方だと思う。
 だから「常識にとらわれない研究」とか言っちゃいかん。常識から解放されることが目的じゃないから。必要なのはむしろ新しい枠組みを作ること、そのために知恵を出しあうこと。
 それに「実現不可能な夢」ってのも気にくわない。別に平賀源内だって不可能に挑戦していたわけじゃない。個々の研究には現実的なターゲットがあるはずだ。有用という意味じゃなくて、完成可能という意味で。

 原資を税金じゃなく宝くじに求めるってのはいい。科学宝くじ」私は買うよ。宝くじが外れても研究の方は当たるかもしれないからな。ダブルチャンスだ。

 ただ、実体としての研究施設はいらんはず。金を集め、個々の研究を評価する仕組みさえあればよくて、研究者自身は日本のあちこちに分散してたほうが面白いと思う。
[ 2010/08/21 14:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/398-0471f638










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。