スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

毎日が夏休み

 朝、目が覚めても特にすることもないので、とりあえずNHKにチャンネルを合わせて、即昼寝するという日々。半覚醒のまま観るのは『ゲゲゲの女房』『あさイチ』『国会中継』の3連チャンだ。

 『ゲゲゲ』についてはよそでの評判も高いので特に語らない。『あさイチ』は…どうなんだろう。自分はキャストの人選、取り扱っているネタともに結構評価しているのだけど。特に全国各地の市場、道の駅を小芝居をまじえて紹介するコーナーが好き。このコーナーを見ている時間だけは「車の免許持ってたらなぁ」と思う。

 そして『国会中継』。これが意外に楽しめている。石破無双とかリアルタイムで見れてラッキーだ。自分の担当分野に明るいと言うだけでなく、淡々と語る言葉の端々に侠気が感じられる。ヲタ受けするだろうなぁ。私自身も彼のキャラは結構好きだ。くれぐれも余計な色気を出してファンの期待を裏切ったりしませんように。恋バナ禁止。
 昔、自民党が与党だったときは、予定調和的なやりとりの応酬ばかりでひどく退屈していた。今ではそれぞれの質問者が限られた時間で自分の議論をしようと必死だ。それだけ今の状況が悪いということなんだろうけど。
 一方で「蓮舫分が足りない」という不満もある。一度だけ、事業仕分け絡みの答弁を見たのだが、このときは質問者の方が一蹴されてしまった。彼女の、血管がブチッっていう音が聞こえてきそうなキレ方に対抗するにはよほどの覚悟がいるだろうけど、もうちょっとは食い下がって欲しかった。


 蓮舫分の補給のために何かと引き合いに出される「スパコン事業仕分け」の資料を漁ってみたりしている。このブログでもたまに取り上げる理化学研究所絡みのプロジェクトだ。

 (録画)    http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg3069.html
 (議事録・PDF) http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov13gijigaiyo/3-17.pdf

 仕分けされる文科省と理研の担当者は、仕分け人がいわばスポンサー役であり納得させなければ予算がもらえないっていう意識が薄くて「当然もらえるはずだった予算に茶々を入れてくる人」くらいに思っていたのか。それとも分かっていながら仕分け人を納得させられる理屈が最後まで思い浮かばなかったのか。私にはどっかの国の総理大臣の国会答弁が思い出されたのだが、いかがだろうか。「お前らが思いつくようなことなんて、とっくに検討済みなんだよ」くらい言ってほしかった。同日に行われた、日本科学未来館の仕分けの議事録が恋愛ゲームのハーレムENDを思わせる展開になっているのと対照的だ。


 こちらは理研のQAページ。
         http://www.nsc.riken.jp/jigyoushiwake/QA.html

 これが仕分けの時点で出ていればなぁ。でも、このページからリンクされている資料も、「評価委員会でこのような結論が出た」「文科省から承認を得た」って感じで「誰の判断か」は分かるけど、肝心の「判断の根拠は何か」がわかりにくいから結果は同じかもしれない。

 自分が理研の担当者だったら、どう仕分け人の疑問に答えるかなぁ。「科学の研究にはコスパで割り切れないところがある」つっても、相手の持つ金は有限なんだから「もうちょっと削ってよ」の声に逆らうのは簡単じゃない。「じゃ、やめます」って言えるなら別だけど。むしろ仕分け人から「仕切り直したら?」って言われたときに「そうします!」って飛びついちゃうかもね。その方がたくさん予算もらえそうだし。
[ 2010/08/06 06:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/397-3d550f04










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。