スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

自炊生活

 裁断機とドキュメントスキャナーで自宅の本を電子化し始めて結構たった。
 最近はブックオフで安売りされているコミックを買ってきては取り込むということもやっている。
 ただし、結局iPhoneで読む、ということが念頭にあるので、狙うのは「絵があまり緻密でなくて」「何度読んでも楽しめる」作品がよいとしている。

 で、最近はこれ。


Powered by POPit



 同じ作者の『修羅の~』シリーズにはあまり感銘を受けなかったが、この作品はとても楽しんで読んでいる。
 今では直接触れることの少ない帆船技術がSFにおける科学のトリックのような存在感をもって心をくすぐってくるのだ。
 シリーズも40巻を越え(20巻くらいまでしか読み進んでないが)いい加減キャラの数も増えてきていた。が、主人公が「自分で何でもやる」ってタイプじゃなくて、「他人の力を引き出すことに長ける」タイプなので、チート的な能力を持った主人公にもかかわらず、他のキャラがかすむことなく綺羅星のごとき輝きを放っている。
 キャラの個性際立つ魅力的なファンタジー作品。
[ 2010/03/03 01:03 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/350-b6130f84










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。