スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パプリカ

パプリカ パプリカ
坂井 恵理、筒井 康隆 他 (2007/06/06)
講談社
この商品の詳細を見る


 DCミニの盗難に端を発する「あの事件」から約一ヶ月。
 「パプリカ」と名乗る少女が人に悪夢を見せ、神経症に追い込む事件が連続して発生。
 千葉敦子は「あの事件」の際の記憶を失う一方で、自分の心の中から「パプリカ」がいなくなっていることに気づいていた…。

 コミック版『パプリカ』。
 筒井康隆原作のコミック化は萩原玲二によるものが既にあるが、こちらは今敏監督のアニメ版に即した、後日談として書かれている。
 このコミック独自のヒロインとして、小学生の遥まりあが設定され、物語は彼女の視点で進んでいく。


 女性の作家の、少年コミック向け作品…と一般化するのが妥当かどうかはともかくとして、絵柄は可愛い。
 こっちの「パプリカ」はゴスロリ少女。

http://www.sirius.kodansha.co.jp/contents38.html

 でも描かれている世界観は…う~ん、私は楠桂の「鬼切丸」を思い出したぞ、と。

 これはこれで「パプリカ」だなぁ、と思えてしまうのは関わっている人の熱意と原作の懐の深さかなぁ。
[ 2007/06/10 22:10 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/30-e37a3c72










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。