スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

結婚式

 友人の結婚式に出席した。ベルアイルのでなく、リアルの。

 新郎新婦共に熱心なクリスチャンということでかなり濃ゆい感じの式であった。式場にはチャペルがあったのにそれを使わず、会場には十字架すらないというのに。形式に全然こだわらないところに、むしろ凄さを感じた。「予がいるところが銀河帝国の王城」って、ラインハルトの言葉を思い出した。

 祝辞を述べる教会の人たちは長くてありがたい説教をしてくださるんだけど、普段から話すことに慣れてる人たちだけあって、面白い話が多かった。
 例えば、神様がアダムのあばら骨をペン代わりに地面におにゃのこの絵を描き、それがイブになった話-つまり嫁は本来二次元のもの-とか(一部改変)。
 アトラクションとして新郎新婦の友人達が歌った歌も多くが宗教歌なんだけど、工夫と練習の成果が伺えるものだった。
 我々、大学のサークル仲間もなんか用意すべきだったのかなぁ。ウエディングピーチとかゴーダンナーとか。
 また新郎新婦共に友好関係が広く、あちこちからいろいろな知り合いが駆けつけていた。

 サークルの仲間の中には毎年の合宿や、普段の飲み会などに出席してない者もいて、彼らとの再会も嬉しかった。
 
 二次会にも参加した。新郎の高校時代の友人が主催したみたいだったが、「年取ってもお互いかわんねーなー」みたいな感じだった。
 新婦の方は結婚を望む女性の在庫を大量に抱えているとのこと。喜んで私も予約注文したよ。
 「二次元のおにゃのこに知り合いがいたら紹介してください!」
[ 2009/04/26 22:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/04/26 22:54 ] [ 編集 ]

後輩へ

彼らは仕事を頑張ってるからね。
案外、彼らを慕う女性の部下や後輩がいないとも限らないので油断はならないよ。
[ 2009/04/26 23:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/256-5781a512










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。