スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

帰省

 年末年始は実家で過ごした。
 紅白見て、正月番組見て、iPhoneでネットサーフィンして…それ以外の時間はほとんど寝ていた。


 今年の紅白は面白かったと思う。
 例年に比べて、紅組vs白組という対立の演出が抑えられていた印象があった。
 今年の歌が少なかったのはなぜだろうと思った。歌番組から「今年の人気者を出す番組」へ変化してきているのか。
 ただ、何かにつけて故人が引き合いに出されるのには少々閉口した。

 NHKスペシャル「激論2009 世界はどこへ そして日本は」
 討論番組って、ポジショントークを期待された出演者が騒ぐだけ騒いで時間切れ終了…するもんだという先入観を持っていた。実際に見てみたら、それぞれのポジションから一歩、あるいは半歩踏み出そうか踏み出すまいかという出演者の心の中の葛藤を見せる番組であった。
 あと、「何が事実であるのか」をまず合意しようという議論の進め方をテレビ番組で見たのは相当久しぶりのような気がする。

 鶴瓶の家族に乾杯 お正月スペシャル -愛媛県伊予市-
 「全国のすてきな家族と出会う旅」ってベタな内容の割には嫌みが感じられなかったのは、出演者より現地の人の方がキャラが濃ゆかったからかなぁ。

 正月スペシャル にっぽんの四季を飛ぶ
 全国各地の絶景(主に紅葉)を上空から見てみようというコンセプトの番組。
 微妙な色彩と緻密な造形、そしてモーターパラグライダーの疾走感。
 地上波デジタルはこういう番組を見るためにあるんだなぁ。CMやるくらいなら、最初からこっちを持って来ればいいのに…。
 特に驚いたのは最上川近辺の某所。緑の草原の地に、赤や黄色の紅葉樹が縞状に立ち並ぶシュールな風景。(一瞬、マリーランドかと思った)
 人の手(杉林の伐採)によって生み出された光景なのだけど、上から見ないと縞々が分からないので、地元の人も気付いてなかったというのがまた面白い。


 地元に残った、あるいは帰省してきた友人たちといつものバーで飲んだ。
 マスターにおいしい飲み物をと頼んだら「おいしい水」が出てきた。
おいしい水
[ 2009/01/04 16:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

年賀状どぅも

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

またオフでお会いしましょう(*⌒∇⌒*)テヘ♪。
[ 2009/01/04 17:57 ] [ 編集 ]

>ガブさん

 あけましておめでとうございます。
 映画オフ、カラオケオフ、そして「ヲタク訪問」、ご一緒できる機会が増えるといいですね。
[ 2009/01/09 23:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/223-d808ac32










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。