スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇宙エレベーター(2)

[この作品の監修者であるアリニール・セルカン氏は不正行為の発覚により、現在では学位(博士)を取り消されています。その点にご留意の上でお読みください。ただし作品それ自体に関する私自身の感想は今でも変わりません]

博士の学位授与の取消しについて(東京大学)
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_220305_j.html



 やっと見に行くことができた。
 ブログに取り上げてから、すでにほぼ一年が経過…この一年、ほとんど有給休暇を取れなかったからなぁ。(休日に2度ほどチャレンジしたがチケット完売であった)

 全天周映画、迫力はあるだろうけど、アニメ作品としての面白さは…?

 …普通に面白かった。
 視界いっぱい広がる映像の中に時折「おっ!?」と思わせるギミックが差し込まれていて、なかなか目を離せない。

 女の子が宇宙で働いているお父さんに弁当を届けに行く、というお話。宇宙エレベーターの中で事故が起こったり、その所有権を巡って戦争が起こったり…という話ではなかった。
 宇宙エレベーターに関するうんちくはそこそこ。半分くらいは主人公である初音ミク朝永未来の生活描写で占められている。
 未来のキッチンでの調理シーンとか、低重力の中でバスケする人々とか、妙なところに力が入っていた。

 宇宙エレベーター(の地上施設)は白い鋼材で編み上げられた、シンプルで美しいデザインだった。
 他の作品に出てくるものと比べてみるのも面白いかもね。


「宇宙エレベータ ~科学者の夢みる未来~」
http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/gaia/elevator.html

[ 2008/09/05 19:37 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/166-c233c2ff










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。