スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「休院のお知らせ」

 「iPhone買えなかったプチショック」の後、診察を受けに、月イチで通っている病院に。
 午後の診療時間前なので、まだ他の患者も来てない、一番乗りだ。院内の灯りすらついてないぞ!

 …と思ったら、「休院のお知らせ」なる張り紙が。こりゃ、iPhoneどころじゃないよ。

 休日行っても平日行っても、診察を立って待ってる患者を見かける位の繁盛ぶりだ。経営に問題があったとも思えない。

 休院中の事務処理のために事務のスタッフが2人だけ残っていた。
 聞けば、院長で看板医師であった先生が、(前から体調不良でしばしば休んではいたが)とうとうこれ以上診察を続けられないというところまで体調が悪化したとのこと。

 医師や看護師、他のスタッフは優秀だったし(特に胃カメラは、検査を受けるのが楽しい位だった)、院長の先生は人を安心させる話し方をする人だった。(院長の診察を受けたのは2回ほどだったが)

 処方箋と他院への引き継ぎのための紹介状が既に用意されており、近くの病院をいくつか教えてもらった。
 病院なんて、いつまでも通い続けよう、という場所ではないんだろうけど。さすがにこういう形で終わりが来ると寂しさを感じた。

 あ、病気とのおつきあいの方は、まだまだ続きます。
[ 2008/07/13 19:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nmori.blog91.fc2.com/tb.php/143-422ca4b3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。