スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Population dynamics

そういう重箱をかっこ悪く、しつこくつつくのがヲタクっぽいと自分は思うんだけど、みんな意外に礼儀正しいよね。

 そんなことを以前のエントリで書いてたが、こんな分析が行われていた。初出は2011/3/21。
 国内外の複数のファンによる、魔法少女-魔女システムの安定性の考察。(ガイジンのオタクは容赦ねーなー)

http://wiki.puella-magi.net/Population_dynamics Puella Magi Wiki

300px-Food_chain.jpg

 数値解析にはMatlabを使用したとある。たぶんこれ。
http://www.mathworks.co.jp/products/matlab/ (MathWorks社の製品ページ)


 シンプルなモデルからちょっとずつ要素を加えて複数のシミュレートを行っているが、多くの場合、魔法少女が対処不可能なほどに魔女の数が増えてしまうという形でシステムが破綻する。(=魔女の出す損害に人類が耐えられず滅亡)

 「こんな脆弱なシステムで大丈夫か(反語)」

 シミュレートの対象になったモデルはまだまだシンプルなもので、追加したほうがいい要素を挙げることは可能だ…と思ったけど、実際に思いついた要素はどれもシステムの破綻を促進する方向に働くばかりでシステムの安定化に全く寄与しなかった。
 そもそも一旦システムを構築した後、状況に応じてコントロール可能な変数がC(魔法少女の契約増加)しかないというのがとても痛い。しかし魔法少女を頑張って増やしても、その分後から魔女が増えるわけだし…。こりゃ、視聴者から見えないところで(魔法少女の手を借りずに)QBが自ら魔女に対応してないととても維持できないぞ。
スポンサーサイト
[ 2011/04/20 03:21 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)

タイトルは釣り

 『独占!女の60分』に冨永み~なさんがリポーターとして初登場した時のことを思い出した。

 「どんな役やってるの?やってみせて」というリクエストに冨永さんは「サザエさんのうきえ役」で応じようとしたのだが、うきえさん自体が“普通にきれいなお姉さん”という役で、キャラとして尖っている要素が無かったため、他の出演者からスルーされてしまったのだ。
 別にアニメに偏見が持たれていたとかそういうことではなかったと思う。別の回で『ファイブスター物語』の劇場版が紹介されたときは、金ピカのロボットとかは興味をもたれなかったものの、ラブストーリーであるということは容易に理解され、レディオス・ソープの「ラキシス!おいで!」のシーンでは歓声が上がっていた。
 むしろ『パトレイバー』の泉野明がレイバーを操縦するところをやってみせた方が「分らないけど、それっぽい」という反応を引き出せたのではないか、と思ったものだ。

 声優が、アニメや洋画に興味を持たない人に、声優であることをもってアピールするってのは難しいよなぁ。


芸スポまとめblog : 【芸能】平野綾の声優人生が全否定された? アッコ「涼宮ハルヒ」なんて誰も知らない - ライブドアブログ
http://blog.livedoor.jp/domesaka/archives/1324076.html

平野さんは「DBのデンデ」で分ってもらえて良かったね。
[ 2011/04/19 21:41 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)

こくうまキムチ とろっマヨ

 東海漬物っていう食品メーカーがある。
 『けいおん!』のキャラクター商品「ムギちゃんのたくあん」を出して話題になったところでもあるんだけど、私はここの「こくうまキムチ」っていうキムチのファンだ。
 「酒の肴に動物性たんぱくや脂肪ばかりっていうのもなぁ」などというプチ健康志向が頭をもたげてきたときなど、小分けパックを時折…というか頻繁に買っていた。いや、きっとこれからも買い続ける。

 スーパーの漬物コーナー、キムチの棚に見慣れぬ黒いパッケージがあったので見てみたら「こくうま」のバリエーションだったので買ってみた。

 マヨネーズか、どうなんだろう。マヨネーズ好きは何にでもマヨネーズかけるからなぁ。きっと、こういう商品の需要もあるのだろう。でも、私自身はマヨラーじゃ無いし。しかし、「こくうま」だから試す価値はあるかなぁ。といった葛藤の末、半歩ほどヒキつつ買い物カゴに入れた。

http://www.kyuchan.co.jp/kokuuma/product_kokuuma_mayo/index.html (メーカーサイトの製品紹介ページ)

 結果としては大当たり。「こくうま」という名にふさわしいコクとうまみ。「こくうま」自体、激辛をうたった商品ではないが、さらに辛みが抑えられていて食べやすい。今まで何でこの存在に気づかなかったんだろう。
 キムチ、マヨネーズ、チーズにトマトという組み合わせ。もちろんベースはキムチなので辛みと酸味はあるのだけど、どれかが突出していることもなく、渾然となってる感じ。「キムチにマヨを入れるなど邪道」と断じる原理主義者でなければ試してみて損は無いと思う。
 あえて欠点をあげるとすれば、食べやすさの裏返しで量が欲しくなるところ。たぶん小分けパックが出ても自分は買わない。
[ 2011/04/14 06:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

モンスターハンター3D

 大ヒットのハンティングアクションゲームが堂々の映画化!

 もっと早く見に行くつもりだったけど、停電の影響とかでタイミングを逸し、公開期間も終盤になってやっと見に行った。

 本作のオトモはいつものアイルーたちじゃ無くてネズミっぽいデザイン。アイルーにも劣らぬ勇敢さで近接武器を振るう。
 ハンターは4人なんだけど、朴ロ美さん演じる初心者ハンターが狩り場を引っかき回してひんしゅく買いまくり。村クエからやり直してこい!

 ラストバトルはお約束というか、劇場版オリジナルの古龍種と撃龍船に乗っての戦い。船のダメージにも気を配りながら部位破壊を狙え!おーっと、ここで別の大型モンスターが乱入してきたっ!これはタイムアップまで待たずに3落ちでゲームオーバーか…。(続きは劇場で!)

http://movies.foxjapan.com/narnia3/ (公式サイト。プレイ動画有り)





 初心者の彼、理屈っぽくてヒネたガキってトコは原作まんまなんだけど、時代的に合わないところはしっかり省略されていたね。
 あんよの仲間たちは昔と全く変わらぬ賢さで、場内でもついつい彼らに唱和しそうになった。「ハクガイだ!Hack guyだ!」
[ 2011/04/04 16:58 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。