スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブログへのコメント

 自分のブログへのコメントはメールで通知が来るのだが、他人のブログだとそうはいかない。
 友人のブログの新しい記事はRSSでチェックできるのだが、記事に対するコメントはRSSに含まれない。

 よって、友人のブログにコメントしたあとなど、ブログ主からのリアクションを読むために何度か巡回することになるのだが、何日か放置され、こちらが確認をやめてから返答が書かれるなんてことも。
(友人のブログを毎日全部巡回してる律儀な人もいるのかな?)

 FC2ブログには記事のRSSの他、コメント、トラックバックのRSSも用意されているので、それぞれをRSSリーダーに登録すればいいのだけど、管理が面倒なのでYahoo pipesでひとまとめにしてみた。

FC2Stream
http://pipes.yahoo.com/pipes/pipe.info?_id=db48c06c9f185e196b3bf3fbe013f4db
FC2ブログのURLのサイト部分(このブログならnmori.blog91.fc2.com)をもとに、記事、コメント、トラックバックのRSSを割り出して、1つのRSSに束ねる。それだけ~。

他の人の日記など、複数で試してみたが、うまくいくものあり、うまくいかないものもありといったところ。条件が分からないので、とりあえず試してみて、たまたまうまくいったブログだけ置き換えていく方針。
他のブログシステムだと、コメント、トラックバックのRSSが無かったりするから実際のページから情報を切り出すとか、別の仕組みを作らないといけない。そこまでpipesで作れるかなぁ。
スポンサーサイト
[ 2010/09/30 13:03 ] ネット | TB(0) | CM(0)

オンラインなう

 炎に包まれる仲間たちを救うため、巨大な敵に敢然と立ち向かう私。

ねつ造


 「みんな、今助けるぞ!あともう少しだけ生きのびてくれ!」
 (トラックバック先の画像もご覧ください)
[ 2010/09/26 00:16 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

ほんとうのことをおしえてよ

 愚かなことをやっていると思うが、おそらく頭が悪いのではない。自分の国を売ろうというほど、利にさとい人たちでもない。

 なんとなく「人質に取られている子弟でもいるのかな」位に考えていた。

 今は思う。この人たちは親の背負った借金を今も返し続けているのだ。それも利息だけ。借金の額はべらぼうに高い。当時子供でしかなかった彼ら自身には想像もつかないほどの金額だ。

 彼らの親は「酷い時代だった」と自らを被害者の立場に置くか、あるいは若気の至りという形で整理してしまった。自らの借金を返すことなくのうのうと生きている。彼らから見れば。
 そんな親の世代を、彼らは、親の代わりに自分が借金を返済することで否定しようとした。彼ら自身の目から見てもカタギの人間には見えない借金取りに平伏してみせるのも、借金のカタにと差し出すのが先祖から受け継いだ土地であるのも親の世代への当てつけだ。親が借金して守ろうとした誇りと土地を自ら捨てることで、自分の正しさを訴え続け、親の罪を責め立てるのだ。
 一方、こどもに向かっては、彼らは「えいえんはあるよ」と吹き込む。この借金をお前たちも返し続けていかなければならないよ。そして私たちの正しさを引き継いでおくれ。

 こどもから見ればたまったものではない。返済計画どころか、残額さえ確定していない借金を、自らのみならず、さらにその子供や孫にまで負わせようというのだ。しかも周りを見てみれば、そんな無謀な返済を行っている国は皆無ではないか。
 かくして、そのこどもにあたる我々の世代は彼らの正義を憎むことになった。あらゆる正義を否定し「悪人よりも偽善者が嫌い」とうそぶくような虚無に陥り、正しいことも悪いこともできなくなり、自宅に引きこもるしかなくなった。それは、あるいは自ら断種することで(もしかしたら生まれることになったかもしれない)子孫を、永遠に続く悪夢から守ることにつながるのかもしれない。

 永遠の処女。こころはいつも14歳。
 私たちの世代は、自分たちの子供にはどんなことを吹き込むのだろうか。

[ 2010/09/24 20:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

劇場版(極悪ネタバレ)



[ 2010/09/23 08:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ニコニコ動画のランキング

 GoogleAppEngineのお勉強に、ニコニコ動画のランキングをCSVフォーマットに変換して提供するwebアプリを作ってみた。
 人間に直接見てもらうのでなく機械処理用。「コレを使って何か面白いもの作ってよ」という性格のもの。

 http://nicorank.bagend.co.cc/


概要:
  • 1日1度、自動的にニコニコ動画のランキングページ(http://www.nicovideo.jp/ranking)にアクセスして、ページから動画のURL、サムネイルのURLなど得る。
  • 利用者が上記のURLを開く(GET)と、貯め込んだデータから当日分をCSV形式(カンマ区切り、二重引用符あり、UTF-8)にして返す。


作成中に起こった問題(解決済み):
  • ・日付の取得が、日本時間でなく世界標準時が基準になっていた。
  • ニコニコ動画側のランキング更新は午前5時。実時刻ベースで動かすと、深夜0時~5時が当日分のデータのない空白時間帯になってしまう。ニコ動に最後にアクセスした日を記録しておいて、CSV編集するときの基準日とすることで解決。(こんな単純なシステムで日付管理せねばならなくなるとは…)


今後の予定:
  • 過去のデータを提供できるようにする。
  • CSV以外のデータフォーマットでの提供。JSONとか?
  • 過去のデータ(1年以上前とか)を削除する機能。
  • ・カテゴリ個別のデータの提供。(勉強としての面白さはないので要望があれば考える)
[ 2010/09/18 01:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

薬師池公園

 町田駅からバスで20分ほどいったところにある、薬師池公園に行ってみた。

薬師池公園1


薬師池公園2大蛇伝説
 池に住む大蛇は、古くから町田に住んでいる住民の密かな信仰の対象となっている。


市内中心の民家倉庫
 町田市民の一般的な住宅。駅前再開発が始まる前から市街中心部の人口は密集しており、郊外にレンタル倉庫を借りるのが一般的であった。

郊外の民家
 もちろん、郊外はそんなこともなく、十分な広さを持った一軒家が立ち並ぶ。


幻のあづまや
 惑星直列等による大規模な干潮時のみ使用できる幻のあづまや。普段はあづまやに至る経路が水没しており、鳥たちに占領されている。


自由民権の像
 『自由民権の像』。題名以上に、いろいろな意味でフリーダムだ。


 四季折々、色々な植物の花が代わる代わる楽しめる……はずの場所だが、たまたま今の時期はどの花も咲いてなかった。もうちょっと後なら紅葉とか雪景色とかが見れるのだろう。涼しくなったらまた行くか。
[ 2010/09/15 05:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG

模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG
http://bandai-hobbyproshop.net/gunpla30th/builders.html

 『プラモ狂四郎』『プラレス三四郎』を横目で見ながら育った世代としては、「懐かしい」あるいは「おいおい、またかよ」という感想だ。
 MSの設定だけでなく、「プラモ作例としての精度」が数値化されてバトルに反映されるというお約束がガッチリ守られている。戦闘シミュレーションで破壊されたところから覗くMSの内部が適当にでっち上げられた機械表現CGでなくて、プラスチックの部品そのままなのはリアルと言えばリアルだがはっきり言って無用なリアルさだ。(プレイヤーが操縦したいのはプラモじゃなくて、あくまでMSだろうから。)
 開発史の系統樹に逆らうようなMS(「カスタム(*^▽^*)」って付ければ何でも許されると思うなよ)、インチキくさいファッションの登場人物と楽しみな要素には事欠かない。ぜひ続きを見たい。
[ 2010/09/05 06:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

町田市立国際版画美術館

 美術館なんて柄じゃねーよ、と思いながらも行ってみた。なんとなく勢いで。

 現在の常設展はフランスの民衆版画。常設展と言いつつ、この美術館では年に何度も展示品を取っ替え引っ替えしているらしい。どんだけ金余りか<町田市。とも思ったが、逆にいつ来ても同じ展示品だったら、とても寂しいので、自分の払っている地方税の何パーセントが……とか考えるのはさておいた。
 19世紀後半の、庶民しかもおそらくは子供向けのオモチャだったであろう版画がたくさん展示されている。


参謀本部
 様々な階級の兵士が描かれた『参謀本部』。モデラーにはタミヤの1/35兵士くらいの大きさと言えば通じるだろうか。TRPG者ならアクチュアルウォーゲームの駒を想像するはず。昔の子供たちも人形を並べて悦に入っていたのだろうか。他にも銃士隊、アラブ兵(これは敵役か?)などたくさんの種類が展示されていた。一人の兵士をほぼ等身大に描いた作品もあり、当時の軍装に興味がある人には面白いかも。


着せ替え人形
 着せ替え人形。軍人がモデルということは……男の子向けか?女性が描かれたものもあった。念のため。


食人鬼
 操り人形『食人鬼』。つまりオーガ(ogre)なんだけど、イメージがちょっと……。人間が背中の籠に入れられたり、手に捕まれたりしているので、少なくとも作品名の誤りではなさそう。


 切り抜き、組み立てるタイプのペーパークラフトもあった。その複写を実際に組み立てたものが併せて展示されている。
ペーパークラフト


 展示品の説明は割と初心者に親切。中世の木版画から最新のスクリーンプリントまで一言で「版画」と呼ばれているもののいろいろな技法が実際の作品とともに解説されている。複数の技法が併用されている作品や、直接筆で書いたのではないかと思えるくらいの精緻な作品など見応えは十分。


 美術館は芹ヶ谷公園という大きな公園の一角にある。大きな広場もあるが、大部分を占める木陰と流水のおかげで雰囲気涼しめ。美術館内の喫茶店でお茶飲んでから散歩というのがいいかも。写真は中央にある噴水。わざわざ水深を浅くしてあるのか、子供が水浴びしていた。
噴水1噴水2噴水3
[ 2010/09/04 23:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。