スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

JAXA相模原キャンパス 一般公開

 近所だったんで行ってきた。
重要

 - JAXA 5つの誓い -
  ・整理
  ・整頓
  ・清掃
  ・清潔
  ・しつけ
JAXA_5つの誓い




 「もう、どうせ皆はやぶさのことなんて忘れてるだろう」とか思っていたが、そんなことはなかったぜ!」
 この暑い中、相模原なんぞにやってくるのは夏休み中の子供たちとか、天文ファンくらいだろうと思っていたが、意外にも若者よりオジサンが、オジサンよりオバサンが多くみられた。

 はやぶさ関連回ると、それだけで時間が無くなりそうなので、他の展示場を一気に回る。狙ってたわけではないが、普段公開されていない、お得感のある場所から回ることができた。

宇宙巨大イカ
 食用に養殖される宇宙巨大イカの頭部。だと思ったら、宇宙帆船イカロスの帆のスペアとか。嵐やスペースデブリなどのトラブルで破損したときは甲板員が船外作業で張り替えるのだ。
 なお、火星での動物性タンパク源としては、イカではなく主にカイコとドジョウが有望視されているそうなので、希望者は今のうちに慣れておくこと。


Apple本社
 侵入者を阻むトラップ。ではなくて、宇宙ケータイのアンテナ性能を試験するための部屋。iPhone4の開発にも使用された。


はやぶさ
 はやぶさの実物大模型。ここは普段から見学できる場所なので、もしかしたら他の日に来ても見れるかも。



 展示の中で、自分が一番気に入ったのは「再使用ロケット」。着陸用の緩衝材など一部の部品を除いた、ロケットのほぼ丸ごと全部を再使用可能にしようという、ある意味とても日本的な企てだ。(スペースシャトルは燃料タンクを使い捨てている。)帰還後のメンテは数日間で完了させ、宇宙行きのコストを2桁下げるという、「早い、安い、旨い」を実現するためのプロジェクト。
 高高度での観測業務から実運用を始めて、ゆくゆくは…という話だった。

 再使用ロケットの研究
 http://www.jaxa.jp/article/interview/no3/index_j.html

 ……今「スペース・デフレ」って新語を思いついたけど、口にするのはやめておこう。
 


 ちなみに、カプセルの展示会場である、相模原市立博物館の閉館時刻1時間前の光景。近隣の住民があきれるほどの大混雑。私はあきらめた。
見ろ!人がゴミのようだ


 相模市立博物館のプラネタリウムでは以前に取り上げた『銀河鉄道の夜』を上映中。「はやぶさ特番」の枠もあるので、事前に上映予定を確認すべし。
銀鉄


 休憩所として使われてた、会議室のドアに張ってあった、ありがたいお言葉。
お言葉
スポンサーサイト
[ 2010/07/31 04:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

実家のネコ

訓練されたテロリスト

 襲撃を察知するなり、その場を放棄して別の階ヘ撤退。態勢を立て直した後、一旦放棄したエリアを奪回すべく、反攻を試みる。



領空侵犯

 手が届くか届かないかの微妙なエリアをウロウロ。相手が手を出して来なければ無防備な姿勢をさらして更なる示威行為。相手が手を出して来れば遠方へ退避。



……。

 なんの義理も無いのに一方的にサービス(外に出るための扉を開ける等)を要求。取り合わなければ引っ込めるが、次の要求(腹が減ったのでエサが欲しい等)を思いつけば、また遠慮なく主張し始める。

[ 2010/07/23 23:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

松島

 帰省ついでに松島観光してきた。

 マリンピア松島水族館
 http://www.marinepia.co.jp/
 地元じゃ定番。自分は小学校の遠足以来だ。なので、パっと見「こんなに小さい施設だったっけ?」と思ったのだが、中の展示を見てみたら結構なボリュームがあった。どんどん拡張していただいて、もっとどっぷり浸かれるような水族館になって欲しい。

 瑞巌寺
 http://www.zuiganji.or.jp/
 地元の英雄、歌って踊れる戦国武将、伊達政宗ゆかりのお寺。修繕中の本堂にかわり、大書院など今まで非公開だった場所が特別に公開されている。政宗公の位牌とか、テンションが上がりそうなお宝で一杯だ。いわゆる「日本庭園」風ではないけど、きれいに手入れされた緑地も見どころ。

 みちのく伊達政宗歴史館
 http://www.date-masamune.jp/
 瑞巌寺がそりゃもうお宝の宝庫なので、ここが何を展示しているところなのかよく知らなかった。
 館内には伊達政宗を始めとする東北の偉人達を模した蝋人形がいっぱい。もちろん、政宗公にはまるまる1フロアを使って、その生涯をダイジェスト。観光客の人も地元の人も彼のスーパーマンぶりを崇め奉るがいいよ。

 ベルギーオルゲールミュージアム
 http://www.belgium-orgel.jp/
 オルゴールの博物館。入り口から続くショップにあるオルゴールは外装こそバラエティに富むものの、中のギミックは土産店でよく見るシリンダータイプのものばかり。正直、失敗したかと思ったが…。
 展示品のオルゴールはマジですごい。しかも、演奏するところを一つ一つ見せてもらえる!巨大なコンサートオルガンとかがパンチカードみたいな(というかまんまパンチカード)穴あき譜面通りに動くさまは圧巻で、業界人の「ソースコード書きたい」欲をかき立ててくれる。展示品それぞれのギミックも色とりどりで、ついつい見入ってしまう。分解癖のある人は自分用の手錠を用意していくのがマナーだよ。

これはでかい
でかすぎてカメラに収まりきれなかった。

がらがら
いかにも『明日のナージャ』に出てきそうなスーパーメカ。
[ 2010/07/19 22:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。