スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

狩りの時間

 今日もノコノコとやってくる獲物たち。
 右手の手袋が輸送部隊の印だ。たちまち荒くれ共が奴らを取り囲む。
 狙うは奴が抱える食糧のみ。怖いもの知らずの若者が奴の身体によじ登る。奴らにはほとんど体毛が無く、それを布地で補っているのだが、その布地が格好の足場となるのだ。足に、背中に、肩にぶらさがる。さあ、出すもの出してもらおうか。

 鋭い爪は攻撃を意図したものではなく、高所での足場を確保するためのものだが、奴らをひるませるには十分以上だったらしく、食糧が入った紙袋を差し出して許しを請う。ヒマワリの種に何匹もの同僚とともに一斉に群がり、奴らの目の前で平らげる。さぞかし悔しかろう。

 小賢しくも反撃しようというのか。しかし、歴戦の勇者である我々は臆することもなく、奴らの手の届かないギリギリの距離を取り、あるいは奴らの手をヒラリとかわしていく。
 そのうち、鉄壁の装甲を誇るカメが姿を現す。奴らは彼らの装甲をコツコツと叩いた後、その堅さに諦めの表情を浮かべるのだ。

 かくして幾度にも渡る略奪と、無益な反撃の試みが繰り返され、やがて輸送物資を失った奴らはすごすごと来た道を引き返していく。我らの大勝利だ。

町田リス園

大きな地図で見る

 http://www13.ocn.ne.jp/~risuen/

怖いもの知らずバトルフィールド

 平日、開園直後と閉園間際は我が方優勢。人間共は袋叩きである。
 休日の日中は入れ食い状態の人間に腹がくちて我々の士気がやや落ちる。人間共優勢。


圧倒的ではないか、我が軍は。
圧倒的ではないか我が軍は

白くてモフモフとした何か。ウサギの眷属らしい。
お前は何者だ

町田にも『ご当地キティ』が!モチーフはリスとダリアかな。
町田キティ
スポンサーサイト
[ 2010/06/26 01:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

NGワード

 空気を読めない、人に対する配慮が足りないと言われる人間でも、意識的に使わないようにしている言葉というものはあるだろう。自分の場合は以下のようだ。

「当然、~」
 前首相が多用しているのを報道で見て、やたら気になった言葉。このエントリを書くきっかけになった。
 相手と議論の前提が食い違っているのを感じつつ無理矢理押し切ろうとしているように端からは見える。ひどいときには本人がホントにそれを信じているのか疑わしく思えることも。逆に、この言葉を言いたくなったら論点や前提を整理すべきタイミングと言えなくもない。
 よく似た言葉ではあるが、「常識的に考えて」は私自身はネタとして使うことがほとんど。「常識であること」イコール「正しいこと」ではない、かつだいたいの場面においては後者を優先という、ええかっこしいな立場を取りたがるので、まじめな議論での出番はない。

「どう考えても~」(類:どう見ても~)
 具体的にどのような検討を行ったかツッコまれても私は答えられないはずだ。つまり、実際はあまり考えないで言っていることが多い。ちゃんと検討しているときは相手から止められるまで得意げに一つ一つ説明し続ける。私はそんな男。

「人として~」
 実際のところ、あまり人間であることに対するこだわりはない。つまり「私自身は守る気がないルール、マナーを他人に押しつけたいとき」に使うことが多い。

「国益」「国民の利益」
 これらのことをまじめに考えている人もいるだろうが、こと自分からこの言葉が出たときはたいていロクなことを考えていない。そもそも国益と言ったときに、その国が日本であることを保証していない。『パルパタイン朝第一銀河帝国』とか、架空の国の国益を代表しての主張である。もちろん他の国民一人一人と意見の調整を行った結果を述べてはおらず、勝手に代表になったつもりでいるのである。

「正義」
 あるアニメ作品のヒロインを指して言っている。そういう意味では、実体こそないが具体的なもの、と言えなくもない。


 相手の反論を封じ込めるための言葉、相手に考えさせないための言葉が自分にとってのNGワードのようだ。他の人のNGワードもちょっと聞いてみたくなった。
[ 2010/06/19 22:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

女の園

 女性のiPhoneユーザーをちょくちょく目にするようになった。
 発売当初「付け爪を付けたままタッチパッドを操作するなんてありえん」と言われていたのを覚えているので、相当違和感がある。望んでいた状況でもあるが。
 まさか全員が全員、職業エンジニアでかつデジタルガジェット好きというわけでもあるまい。twitterがそこそこ流行ってはいるだろうが、それだけのためにiPhoneというのも結構無茶な気がする。
 彼女らには彼女らなりの--私のようなヲタクとは違ったiPhone道--そう、オトメiPhoneロードがあるはずだ。

 …という疑問を解消してくれたのがココ。

 iPhone女史 - 女の子目線のiPhoneアプリ情報サイト
 http://www.iphone-girl.jp/

 間違って足を踏み入れただけです、ゴメンナサイ。長居はしません、ゴメンナサイ。

 (…とは思ってるんだけど、他の野郎目線iPhoneサイトでは取り上げないようなアプリの情報がありそうで、それには惹かれるんだよね~)
[ 2010/06/13 01:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

チラシの表

 電子書籍がこれから流行るかもしれないらしい。とても楽しみだ。
 自分としては、電子書籍と同様に流行ってほしいものがもう一つある。電子チラシだ。

 昔、新聞を購読していたときは結局チラシしか読まなかった。
 ニュースはテレビとネット、多少突っ込んだ解説が読みたければ雑誌。他人の意見なんて興味ないから社説や読者の声欄も不要。テレビ欄も見ない。見る番組は最初から決まっているから。
 だから、リクルートがTownMarketを始めたときは飛びついた。やっぱチラシばっか見てる。

 WebやiPhoneアプリも試したが、狭い穴からのぞき込むような読み方が合わなかった。iPadが発表されたとき、真っ先に期待したのは(既にiPhoneで読むルーチンができあがっていた)コミックではなく、ベンチャーがたくさん立ち上がりそうな書籍でもなく、旧態依然の姿からあまり変わりそうにないチラシだった。
 iPadの一般発売に遅れること、約1週間。ShuFoo!のiPad版が出たので早速入れてみた。

 チラシをそのまま表示させた状態。iPadの画面でチラシ全体を見渡せるだけでなく、ここからさらに(紙のチラシ以上に)拡大表示できるのだ。下はナビゲーションを表示させたところ。


 TownMarketさんもiPad対応の方、よろしくお願いしますよ~。
[ 2010/06/12 04:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

tumblrFrame

 自炊したコミックをiPadに放り込むだけの簡単な仕事を始めてからもう一週間…たってない。もう結構長いこと使ってきたような気がしていたのだが錯覚だった。
 放り込む書籍もコミックだけでなく、読み終わったビジネス書、詰碁集から家電の説明書と多岐にわたってきた。そろそろ雑誌にも手を付け始めている。

 自分が働いている間iPadは遊んでいるのだけど、画面が真っ黒なのは寂しいのでフォトフレームとして使っている。とはいえ、写真を撮る趣味がない、デジカメすらもっていないので手持ちの写真を入れても大して寂しさがまぎれない。

 そんな私を慰めてくれるのがtumblrFrame。tumblrに投稿した画像、リブログした画像を(手持ちの写真の代わりに)フォトフレームっぽく見せてくれる。

 tumblrFrame
 http://itunes.apple.com/us/app/tumblrframe/id372741129

 つまりここね。

 Bag End
 http://morinatsu.tumblr.com/

 リブログしてそのまま忘れてしまっていた画像や、古すぎて手繰りきれないサイトの奥の奥の画像まで掘り起こしてくれる。tumblrにログインするわけではないので他人のtumblelogを設定することも可能。もちろん自分がtumblrのアカウントもっている必要もない。


 見てると自分のは1/3くらいが猫の写真だった。(かわいい系じゃなくネタ的な物が多かった)
[ 2010/06/03 21:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。