スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

菌類のふしぎ展(2)

続き~。


 肉眼で菌を見ることができる不思議な力を持つ「もやしもん」の主人公、沢木直保が見てる光景を体験できるコーナー。
沢木ビジョン


 日本の菌類研究の先人たちを紹介するコーナー。さて、この中に一人だけ架空の人物が。
菌類学者


 この展示で菌の魅力に取り憑かれ、自分も菌になりたくなった人はぜひ記念撮影を。
なりきりセット


 あ、もちろんイラストではない、本物の菌を「スゲー見る」こともできる。
スゲー見る


 他、キノコを題材にした、あるいは材料にしてしまった美術作品や、「もやしもん」の原画などの展示もあり。
 売店では菌やキノコに関する解説本、コミック「もやしもん」や菌グッズなどが売られていた。
 私はこの展示のガイドブックの他、農大マーク入りの大学ノート、クリアファイルとか買った。


 せっかくなので、併設のレストランで昼食を。
 ここはやはり菌に関するものを食べたい。で、きのこ、パンを食べることができるランチを選んでみた。
菌ランチ


 もちろん、ビール酵母の踊り食いに挑戦することも忘れてはいけない。オリゼー萌えの人用には日本酒などもあった。
ビール酵母


おしまい。
スポンサーサイト
[ 2008/11/16 21:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

菌類のふしぎ展(1)

 以前、このブログでも書いた、国立科学博物館の「菌類のふしぎ」展を見てきた。
 菌漫画「もやしもん」とのコラボ企画ということでいずれ行こうと思っていた。上野近辺で徹カラしたので、ついでに見てきた。

 原作者特権
 写真撮影OKとの言葉に甘えて、面白いと思ったモノをパチリ。
ただ、ラクガキは原作者のみに許された特権のよう。


 ラクガキ
 こんな感じのイラストが会場内のあちこちに。
 小学生くらいの女の子から、孫がいてもおかしくなさそうな年齢の人まで一生懸命に探し回っていた。
 ケータイで写真を撮る人、ノートに模写する子供…。


 会場に入るとさっそくオリゼーがお出迎え。
お出迎え映像


 納豆とヨーグルトの実物大模型。科学博物館の展示物としては世界に例をみない(?)もののはず。
実物大模型


 全高6m,9mの巨大な実物大模型。…で、何の模型だって?
巨大模型


 おびただしい数の(あえてそう言いたい)キノコの標本。「手を触れないでください」という注意書きは「食べられません」に変えた方がいいと思った。見学者たちの会話を聞いた感じでは。
キノコ


 菌の工業利用のコーナーにあったラクガキ。
 そう、大腸菌の偉大なる力の一端がここで明らかに。
偉大なる力


 一部、お触りOKの標本もあった。他、変わったところでは臭いの標本とか。
お触りOK


 順路の真ん中くらいで、菌劇場の特別版を上映中。
菌劇場特別版


続く!
[ 2008/11/16 21:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

160分で分かるSAMURAI7

 今は無きteam発砲B-zin主宰のきだつよしさんが役者として出演するという。
 会社を定時ダッシュしつつ新宿コマ劇場へ急行。

 二幕あるとは言え、さすがに野伏との戦いまでだろうと思ったら、全部やっちゃった。よく押し込んだなぁ。
 サムライが7人いるわけだけど、時間が限られている中でいかにそれぞれの存在感を出していくか、スタッフや役者の苦労が偲ばれた。

 ゴロベエが第二幕で出番の無い分、第一幕ではコメディに殺陣にと強烈な印象を残していた。いい役者がいたもんだなぁと思ったら、なんだあの人じゃないか。そういえばキャストの中に名前があった。すっかり忘れていたよ。アニメじゃ、どちらかというとナヨっとした役の方が多い印象があるのになぁ。
 え~、当ブログは戦艦ミネルバのアーサー・トライン副長をおうえんしています。

 キュウゾウは踊るような立ち回りがイイ感じ。あ、キクチヨは普通にカッコよかった。意外なことに。


公式サイト
http://www.samurai-7.jp/

[ 2008/11/16 16:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

最近のマイメロ事情

10月の番組改編期を過ぎて、ネタ解禁となったのだろうか。番組がおかしな方向に…。

・バクがピヨちゃんと結婚する話
・バクがマイメロと結婚する話
・マイメロパパが夜のお店に通い始めて家庭崩壊

『きららっ』でちょっと離れてしまった人も、もう一度チェックすることを考えてみてはいかが。
[ 2008/11/16 15:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

モテキ

 ヒゲ面の女性漫画家、久保ミツロウが恋愛モノに取り組むってので第1話を読んでみましたよ。



 見開きのタイトルページ(魚拓の下方にあるよ)が「女性専用車両に乗ってしまったうっかり男子の図」に見えるのは気のせいか。

 ヘタレ系男子にモテ期到来!という話のよう。ヲタ向け作品ではありがち?でも、そこに当の女性たちの視点ってのが入ってくれば割と新鮮な目で読めそうな気もする。
 一風変わったハーレム系の展開(地獄絵図とも言う)を期待。

 連載はイブニング誌。『もやしもん』も載ってることだし、これを機会に購読しようかなぁ。
[ 2008/11/12 01:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

セントラルドグマ

#エヴァネタじゃないよん

理化学研究所謹製の細胞内タンパク質合成のアニメーション映像を発見。
細胞内の小器官の働きがメカニカルに描かれていて見応えがあった。お急ぎでない方は是非。

セントラルドグマ ~ゲノム情報からタンパク質ができるまで~ / The Central Dogma



私がぼんやり酒を飲んでいるこの瞬間も、この体のあちらこちらでこんな作業が延々と繰り返されているのだなぁ。グッジョブ私の身体!
[ 2008/11/10 01:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ほいきた

この秋、注目度No.1(オレ調べ)のアニソンがiTunes Music Storeにご登場~。

青春おでん(iTunes Music Store)
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewAlbum?i=295737056&id=295737055&s=143462


次は『溝ノ口太陽族』とかが来ないかなぁ。
あと、ジョンジョリーナ・アリーの『鼻毛ボー』とか。(アニソンじゃないけど)
[ 2008/11/09 22:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

生体コンピューター

理化学研究所で生体コンピューターが研究されているようですよ。

「だいたい正しい 世界最低速の計算機」(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/technology/science/CK2008110402000183.html
[ 2008/11/06 22:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

最悪なお知らせ(釣り)

「最悪なお知らせします。」という書き出しで始まるiPhoneレビューがあったので読んでみた。

森公美子オフィシャルブログ(魚拓)


 確かに、自分でいろいろ使い方を調べてみようとか、(多少のトラブル覚悟で)積極的に新しい使い方を試してみようっていう人以外には、まだまだ勧めにくいものとは思うなぁ。私が自分で使う分にはいいんだけど。
 売り手のサポート体制というか、製品知識が心許ないってのは私も購入時に思ったし。「質問するならAppleStoreの方がいいよ」って、森公美子さんに教えてあげたくもあるが、それもちょっと寂しい話だ。

 Appleは彼女の話を真剣に聞きに行くか、あるいはCMに彼女を起用することを検討すると面白いんじゃないかと思った。店頭でチラッと見ただけで「難しそう」と思ってしまった人がもう一度振り返ってくれるかもしれないし、今のUIや導入方法を見直すヒントが隠れているかもよ。

 Apple製品のUIは直感的と書かれているのをたまに見るけど、それって「自分にもテレパシー能力が!」と錯覚したときに感じるような快感が得られるって事なんじゃないかと思う。だとしたら、裏切られたときの残念さも、テレパシーが通じなかった人が感じる疎外感も大きいだろうなぁ。
[ 2008/11/05 00:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

福島へ(2)

 2日目。まずは福島駅前の散策。学生時代にお世話になった店が残っていたり、無かったりで一喜一憂。
パセオ通り

 昔、コルニエツタヤがあった場所にはブックオフが。コルニエツタヤは昔を懐かしむ人たちがmixiにコミュニティを作ってしまうくらい人気のあったファッションビルだ。
 喫茶店で朝飯を摂る。ローカルな店はまだ開店していなかったので、チェーン店で。
コルニエツタヤ跡地

 電車で大学に移動。出店で豚汁を食べる。昨年はなぜか山形風ばかりだった。豚汁に限らず、今年は食べ物のバリエーションが豊富だ。魚の串焼き、フォー、生春巻きを次々と。ビールが欲しいところだが…。そういえば、(おそらくは飲酒運転対策で)昨年からアルコールが出なくなったんだっけ。
学祭ステージ全景

 漫研と、自分の所属していたSF研を回った後、他のサークルの展示をチェック。参加サークルの数は少なくなったけど、その分、やる気のあるサークルの展示が残った感じだ。

 昨日渡すのを忘れていたお土産を先生に渡して帰途に。

※この記事の写真はtoy cameraを使って撮ったよ。
[ 2008/11/03 00:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

福島へ(1)

出身大学の学祭に合わせて福島に行ってきた。所属していたサークルの展示を見て、当時顧問をしていただいていた先生と飲むのが毎年の行事になっている。


 いきなり寝坊してしまった。いやいや、新感線の指定席を予約しなかったのは正解だった。
 大学の最寄り駅に着いたら、既に1日目が終わり客がぞろぞろと帰ってくるところだった。しょうがない、先生の研究室に直行だ。

 先生の研究室は最近建設された理工棟に移っている。自分がここで学ぶことはない校舎だけど、新しい施設ってのはいいね。なんか気分が昂揚する。
 研究室で、先生と互いの近況を報告しあった後、福島市内へ。


 ローゼンケラー
 http://www.uyou.gr.jp/rothen/
 ビールとソーセージの店。卒業一年目に先生と初めて飲んだのがここだった。
 株式市況を肴にビールを飲む。「個人投資家がこの先生きのこるには」。

 駄愚栖
 http://r.tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7000055/(食べログ)
 去年も行った店。日本酒・焼酎の品揃えがすばらしい。福島県内のものだけで20近くあった。…が、これでも絞っているのだそうで、福島県内には約70の蔵があると女将さんに教えてもらった。

 先生は日本酒を飲まない方なので、福島県内の酒から自分が知っているものをチョイス。
 国権 http://www.kokken.co.jp/ 名前の由来が面白い。
 大七 http://www.daishichi.com/ 熱燗がおいしい季節になったので。

 先生は日本酒の値段の極端さ(400円→4000円)に驚いていた。教えて女将さん!
 曰く、酒米の種類、アルコールの添加量、製法の違い、etc... ありがとう、女将さん!

 食べ物が欲しくなったが既にL/O時刻を過ぎており不発に終わった。残念!


 店が閉店時間になったので、先生と別れ、駅前のホテルへ。
 ホテルにもバーがあったのだが、既に閉店時間を過ぎている。うーん、総理大臣ごっこをやり損ねてしまった。
 ホテルの部屋で「溝ノ口太陽族」のjoyhackデータを作る。旅先でやることじゃないな…。
[ 2008/11/02 23:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ふくしま

福島に来ています。

 泊まっているホテルの窓から、深夜の福島駅をパチリ。

福島駅

[ 2008/11/02 01:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。