スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

町田ターミナル(2)

 東急ハンズ町田店のあったビルが改装し、ユニクロを始めとする服飾関係中心の店が並ぶショッピングセンターになった。
 8階建てのビルの8階だけ、なぜか異彩を放つショップ構成となっている。具体的には、ジュンク堂のコミック専門店と、ボークスの町田店。

 実際行ってみたら、ジュンク堂の方は特にオタ層をターゲットにしたコアな店ではなく、あくまでパンピー向けにコミックを売る店のよう。既に買う本が決まっていて、出版社別のコーナーから苦もなく目当ての本を探すって人だけでなく、医療とかギャンブルとか漠然としたキーワードで本を探す人向けの「カテゴリ別」コーナーがあったのが印象的。
 売り場面積も広く品揃えも網羅的。町田の他の書店のコミックコーナーはむしろオタ向けシフトをしいているトコが多いので、意外にカブっていない感じ?
 ただ、果たして町田の経済力でこの規模の店を支えきれるのか、ちょっと心配かも。


 他方、ボークスの方は遠巻きから見るだけにした。フィギュアは友人が持ってるのを見せてもらうのくらいのつきあいだし、混雑もしてたので。

 外から見る分には、アキバにもあるような委託販売用のショーケースとか、もちろん美少女フィギュアとかがあった。
 「外から見る分には」と言ったが、店全体がガラス張りで、外から丸見えになっている。フィギュアを物色するオタクを、一般客に外から鑑賞させようってのがこの店の趣向のようだ。

 しかし、一般客がどんな店かあらかじめ知っているはずもなく、またゾーニングも明確でないためか、ファミリー客やベビーカーを転がした若い母親などが、平然と店の中に入っていくという(アキバのラジオ会館あたりではありえなさそうな、)少なくとも私には異様と思える光景が見られた。

 このまま、非オタも気軽に立ち寄る憩い&ヒマ潰しの場となるのか、それとも見えない壁がいつしか交通を遮ることになるのか、今後は店の品揃えの傾向とかにも気を配りつつ、ウォッチしていこうかと思った。


関連記事
町田ターミナル
スポンサーサイト
[ 2008/05/25 20:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

エイリアン展 (2)

もう、後半戦って日程ですが、行ってきました「エイリアン展」。


 フラッシュこそ禁止されているものの撮影自体はOKとのことだったので、多少遠慮しつつも3枚ほど撮ってきた。

 最初のブースでは、SF映画などに登場するエイリアンを、恐怖映画等にそのルーツを求めつつ紹介していた。
 「エイリアン」はもちろんのこと、「スターウォーズ」や「スタートレック」に関する展示もあった。
 というワケで最初の一枚はコレ。
サイボーグ


 また、正確には展示物ではないものの、ちょっと気になるものもあって、それが次の一枚。
 う~ん、誰が何を想って描いたんだろう…。
萌えエイリアン?


 2つめのブースで既に深海に潜り込んでいるエイリアンの秘密基地が暴かれる!
深海エイリアン
 「標本は見せてもらった。人類は滅亡する!」「な、なんだってー!」
 …というのはウソで、これは「コウモリダコ」というもちろん地球産の生物の標本。
 2つめのブースは、深海や高温(100度以上)や低温(0度以下)、強酸、塩分、放射線てんこもりといった極限状況の中でも元気に生きている地球の生物のご紹介。「これだけタフな環境でも生物は生きていけるんだよ」という話で。

 3つめのブースは、地球とあまり似ていない(!)架空の惑星で進化を遂げた架空の生物の生態シミュレーション。「こんなに『地球』っぽくなくても生物の存在を想定できるんだよ」ということで、2つめのブースの展示は、3つめのブースの前フリだったのですな。

 4つめのブースは、もしかしたらいるかもしれない地球外知的生命体との交信を取り上げてます。そういえば、SETI@homeとか、以前PCに入れていたなぁ。


 日曜だったこともあり、場内は結構混雑してた。展示物が面白いのがいけないのだけど、皆が立ち止まったまま見入っていたり、行列したりといったことも多く、じっくり見るには相応の時間がかかる。せっかちな人は、ちょいちょいつまみ食いするくらいでちょうどいいかも。


関連記事
エイリアン展


自分メモ:
 1) 15:00以降は館内のカフェでアルコールも出る模様。科学館としては珍しくない?
 2) 「宇宙エレベーター」の上映ってまだ続いてたのか?う~ん早起きするんだった…。
[ 2008/05/25 20:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

理化学研究所のイベント

 これ、ちょっと行ってみたい。
 「スライムで遊ぼう!のびる!はずむ!くっつく!」って、一体どんなスライムが待ち受けているのか。

 理化学研究所 横浜研究所一般公開
 http://www.yokohama.riken.jp/event/20080705/index.html

 博物館じゃないから仕方がないんだけど、開催が7月5日の1日だけというのがネックか。うまく予定が合えばいいんだけど…。
[ 2008/05/11 02:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

町田駅ターミナル口

 旧東急ハンズがあった場所。
 お隣の「ぱるる」には、かつては映画館もあって、毎週のように通った場所だった。

 ヲタ友との飲みの席で「町田にボークスのショールームができる」との話を聞いた。
 フィギュアは友達が持っているのを見せてもらうくらいなんで、特に行ってみたいとも思わなかったが…。

 ボークス町田ショールーム
 http://www.volks.co.jp/jp/volks/sr/sr_machida/index.html

 え、ここに出店するの?
 というか、このビル、なぜか8階だけターゲット顧客が違うよ?
 遠慮して、裏口から入った方がよい?それとも直通エレベータができるとか…?
 (卑屈すぎますか?)
[ 2008/05/11 02:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

人力コンピューター

 タンパク質パズルで医療に貢献、米大学がゲーム開発
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/09/news114.html
 
米ワシントン大学は5月8日、パズルゲームで遊ぶ感覚でHIVなどの治療に貢献できるとする無料プログラム「Foldit」を発表した。
ITmedia News


 タンパク質をきれいに折りたたんで化学的に安定させるゲームで、それが新薬開発に結びつくのだとか。面白そうだけど、本物のパズルと違って、正解のない問題も含まれてそうだ。


 記事を最初に読んだとき、なぜか『北斗の拳2』の人力発電所を思い出した<タイトル
 どっちかというと、ナムコの『フォゾン』に近そう。(やったこと無いケド)
[ 2008/05/11 01:36 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

町田で飲もう(4)

 GW中に、今まで入ったことの無かった居酒屋を2件ほど物色。
 どちらの店も、落ち着いて飲む店というよりは、盛り上がる用の店だった。

居酒屋いくなら俺んち来い。
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000024281.html

 店内には多数のキャラクター商品と映画のチラシ。
 店員はテンションが高く、過剰にフレンドリー。
 食べ物は単価が安く、1品あたりの量も少なめ。いろいろ頼んでみたくなる。
 客は若者が多く騒がしいが、一人で飲みに来る常連もいるのだとか。


素の料理酒場 町田観光 五つ星
http://r.gnavi.co.jp/a403202/

 水槽席、ベランダ席など、ネタになりそうな席が多い。床も上ったり下ったり、バリアフリーとは無縁の店内。
 前述「いざこい」とは違う方向性だが、こちらの店員もテンションが高い。どの店員からも「ぜひこれを食ってほしい」「これを食わさずには帰せない」という思いが伝わってくる。お前ら必死杉。実際うまいので素直に従ってOK。むしろメニューがいらないのかもしれない。
 食べ物の単価と量は2人前基準かと。一人で行くときは要注意…というか、二人以上で行ってください。


関連記事
 町田で飲もう
 町田で飲もう(2)
 町田で飲もう(3)

[ 2008/05/06 19:25 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

月刊ゾイドグラフィックス Vol.4 「スネークス」

 入手から日が経ってしまった。
 4巻目は隠密性・静寂性に優れた奇襲・偵察用ゾイド「スネークス」。その名の通りのヘビ型ゾイドだ。
 シルエットこそヘビそのもののヒョロ長い体で、動力部と他パーツの連結を見た感じ、ニョロニョロと蛇行する工夫があるようだ。(試してないけど)

 小冊子の世界観ではゾイド人の謎に迫っている。生物としての特徴、歴史研究の状況、部族の成り立ち等々。ZAC年表もそれに呼応するかのように部族紛争時代からネオブロックス時代までを俯瞰するものになっている。
 ゾイド博物館のラフスケッチ集では、幻獣系のゾイドのデザインが取り上げられている。年少者向けにデザインとカラーリングがヒーローモノっぽく一新された時期のものだ。(私はあんまり好きになれなかった…)


ZOIDS 月刊ゾイドグラフィックス VOL.4 スネークス(仮)ZOIDS 月刊ゾイドグラフィックス VOL.4 スネークス(仮)
(2008/04/24)
不明

商品詳細を見る


Vol.5 ツインホーンは完売か。次の再販を待とう…。


関連記事
月刊ゾイドグラフィックス Vol.1 「ゴドス」
月刊ゾイドグラフィックス Vol.2 「ヘルキャット」
月刊ゾイドグラフィックス Vol.3 「マルダー」
[ 2008/05/06 16:39 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。