スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

社長令嬢の愛人

「はっきり言って社長令嬢の愛人なるだけで月20万もらえる俺って勝ち組www」

 当ブログにこんなコメントがあった。

 「社長令嬢の愛人」と「月20万」の結びつきの妥当性、バランスが気になって気になって仕方がない。私の感覚ではこれは相当に安い。完全に負けていると思うのだ。
 私がもし「社長令嬢の愛人」という職業についていたら…。
スポンサーサイト
[ 2007/10/31 22:50 ] 日記 | TB(0) | CM(1)

ミルクシーフードヌードル発売決定?

 11月中旬から発売されるらしい。
 製品名を見たときはギョッとしたが、味を想像してみたら確かにうまそうだ。



 とんがらし麺グリーンカレー以来のマイブームになるかな…。
[ 2007/10/31 01:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

今期 これを観る。

 今秋開始の番組の視聴状況。●は保存、○は観て消し。

『もやしもん』
 無数の菌が漂う光景の表現はなかなかいい。イマイチ地味めに見えるのは人間側の描写が淡々としているからだろうか。及川はもうちょっと美少女に描いてもらってもいいのでは…。

『ガンダム00』
 うほっ、ガンダムが悪役だよ。
 しかし、こんな政治的な作品、外国に持っていけるのかねぇ。(政治描写がリアルとかではなく、実在する国家を登場人物として舞台に引っ張り上げちゃって大丈夫?って意味ね)
 続きが気になるって点では今期一番かも。

『かわいいジェニー』
 「なんだ、こりゃ!」
 浦沢節炸裂というか…。
 主人公の3人の女の子が、悪の組織の内部分裂を促すために陰謀を巡らしてみたり、はたまた親善ビーチバレー大会を催して見たり…。
 どうせ、子供は寝ている時間帯だし、このまま遠慮なく突き進んで欲しい。

『カイジ』
 これは、さすがというべきか…。ま、どうせ皆語るだろうから私自身は観て消しでいいや。

『バンブーブレード』
 超剣戦隊ブレイドブレイバーにやられた…。
 というのはウソで、ダン君とミヤミヤの会話の緊張感を楽しんでいる状況。
 いったい、ミヤミヤはいつその牙をむくんだっ!?…それとも、私の…錯覚なのか…。

『獣神演武』
 う~ん、今ひとつノリがよくないというか…。
 立ち上がりに時間がかかっているだけだと思いたい。
[ 2007/10/30 21:20 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

アニメを観たい

 アニメを観たい。稀にではあるが気に入った作品はDVDも購入している。
 喜んで買っているかというとそうでもない。DVDに金を払うのがもったいない…というより、媒体を置いておく場所の確保や保管と管理の手間が惜しいというのが正直なところだ。整理下手な人間が狭いアパートの中で暮らしているのだ。限界がある。
 DVD-BOXを押入れから出し入れするのも面倒だし、留守録も基本的にPCやHDDのHDDに保存している。DVDメディアの比ではないが、こちらにも容量の限界がある。

 無料のストリーミング・サービスも利用してみたが長続きしなかった。所有欲が満たされないせいもあるが、「好きな作品をいつでも見れるわけではない」というのが大きかったように思う。
 auが始めた、自宅でDVDに焼けるシステムも面白いと思うが、DVDメディアという形で残さなければならないので先の問題の解決にはならない。

 私が欲しいのはモノとしてのDVDではなく「作品を見る権利」なのだ。それに金を払いたい。初回限定アイテムとかも不要。
 この願望を実現するシステムが成り立つかどうか後々考えるために、とりあえずは書き出しておこう。
 長文だが、縦読みはできない(はず)。ま、自分用のメモって事で。そう、あくまでも私自身の願望の話。他の人のことは知らぬ。
[ 2007/10/29 21:08 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

A.セルカン『宇宙エレベーター』

[この記事で触れているアリニール・セルカン氏は不正行為の発覚により、現在では学位(博士)を取り消されています。その点にご留意の上でお読みください]

博士の学位授与の取消しについて(東京大学)
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_220305_j.html



前回までのあらすじ
 日本科学未来館
 宇宙エレベーター


宇宙エレベーター宇宙エレベーター
(2006/06/22)
アニリール・セルカン

商品詳細を見る



 給与が出て、本を買う金銭的余裕を得られたのでようやく購入。
 「ATA宇宙エレベーター」の考案者であるアニリール・セルカンが「11次元宇宙理論」とか「タイムマシン」のような科学ネタから古代文明まで、自身の研究や興味関心などをかいつまんで説明してくれる本。
 ちなみにこのATA宇宙エレベーター、完成を待たずとも全長4,000kmに達した時点から運用を開始することができ、かつ現在手に入る材料で建造可能というスグレモノだ。


 …という話は序の口で、むしろ少年時代のセルカンが友人たちとタイムマシンを発明するあたりからが本番って感じ。

 「タイムトラベルは、もう一人の自分と出会う旅」は中でも珠玉のエピソードだろう。執筆当時33歳のセルカンが通勤途中の小田急線の列車中で未来からやってきた60代の自分と出会う話だ。
 宝くじの当選番号は残念ながら教えてもらえなかったが、代わりに駅周辺に隠してあるというタイムマシンを見せてもらえることになった。

 「見せてもらえるのですか!?」
 「もちろんだとも。さあ町田駅だ。ひとまず降りることにしよう」


 め、目まいがしてきた…。


著者のブログ
[ 2007/10/28 22:50 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(2)

町田のプラネタリウム

 しばらく前まで、JR町田駅を出るとすぐ目に付く銀色の半球があった。東急町田店の最上階にあるプラネタリウム、スターホールのドームだ。
 実際、それは今でも存在するのだが、ペデストリアン・デッキに設けられた屋根に隠れてしまっている。雨の日などは助かるのだが、ちょっと残念な話だ。

 もっと残念なことには、このスターホール、来年の3月末に閉館してしまうのだ。
 東急百貨店の撤退と施設の老朽化が理由であるとか。現在まで28年間営業を続けてきて…との事だから確かに長い。


 そもそもプラネタリウムって言えば、私の田舎の方では車で行くような郊外の施設にあるっていうのが相場だと思っていた。なので、駅前にプラネタリウムがあるってのが、ある意味街としてのステータスみたいに感じてたのだ。渋谷とか池袋とか、そんなイメージだ。「スゲェじゃん、町田」とか思ったものだ。

 しかも他に「○○科学館」的な理科系の施設があるかっていうと無いわけで、このままでは近隣諸市に科学力で差をつけられてしまうのだ。
 でも、私は「町田の科学力は世界一ィ!」とかやりたいのだ。やりたいんだよう!

 プラネタリウムが欲しい。「郊外にあって誰も訪れる者がいない」とかだと、いかにも箱モノ行政っぽくてカッコ悪いから駅から歩いて違和感ない距離に欲しい。
 かつて「109町田店」にテナントとして公民館を突っ込んだようなノリで、駅前商業施設の改築にイイ感じに便乗してくれないものかなぁ。別に外からドームが見えなくても構わないから。


 私ほど勝手な要求ではないだろうが、スターホールに代わるプラネタリウムの建設を市に要望しようという運動があるので紹介させていただく。

  町田にプラネタリウムを!
  町田にプラネタリウムを!

  東急まちだスターホール
  http://www.tokyu-dept.co.jp/twins/star_hall/index.html


【ご参考】近隣諸市の科学力
  府中市郷土の森博物館
  http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

  相模原市立博物館
  http://www.remus.dti.ne.jp/~sagami/index.htm

  横浜こども科学館
  http://www.ysc.go.jp/ysc/ysc.html

  川崎市青少年科学館
  http://www.nature-kawasaki.jp/
[ 2007/10/25 23:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

NHKスペシャル「100年の難問はなぜ解けたのか」

NHKスペシャル「100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071022.html#

「この宇宙はいったいどんな形をしているのか」
そんな謎への、数学からのアプローチとして設定された難問「ポアンカレ予想」。
多くの数学者がこの問題に挑み、挫折し、あるいは人生を狂わせていった。
そして100年の後、この問題をようやく解き明かした一人の数学者は、その後失踪してしまう…。

上記の公式サイトによくできた予告動画があるのでぜひ見て欲しい。
「アシモフ『ファウンデーション』の劇場版トレーラー」って言ったら信じちゃう人もいるんじゃないか。
…っていうか、「集まった100人の数学者の誰もが予想し得なかった方法で問題を解き、数学者たちは彼の数式を自分が理解できないことに落胆していった」って、どこの心理歴史学だよ。(実際、検証に3,4年かかったとか)

ps.純粋に数学的なお問合せには回答いたしかねますのでご遠慮ください。
 文系なんだけど、「数学者の話」は好きなんだよ~。
[ 2007/10/23 00:49 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

深海生物

ネタ元:ニュース速報アワーズ

http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/51030027.html(キモカワ画像注意)
 No.200の5番目の写真見て、「フグ刺しが泳いでる」と思った私。

 鮭の切り身みたいな形の魚もきっとどこかで生きているに違いありません。ゆとり教育万歳!この小さな炎を消してはいけない。
[ 2007/10/21 16:21 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

今日のワンピース

新シリーズのキャスト見て仰天。

三輪勝恵の名前を久しぶりに見たと思ったら、ょぅし゛よ役かよ…。
アニメでの女の子役は…「あさりちゃん」以来?

東映ONE PIECE公式(でもまだ情報は上がっていないみたい)
[ 2007/10/21 14:16 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)

さよなら絶望先生

放送が終わったらとても寂しくなって、気がついてみたら2~3日に1冊のペースで原作の単行本を買っていた。

「さすがにこのペースは危険だなぁ」と思っていたところに、アニメ第二期のお知らせが。(10月10日マガジン誌上)

「今冬、さらなる絶望がお茶の間を襲う」とか勝手なアオリ文句が頭に浮かんだ。

週刊少年マガジン公式
StarChild ざよなら絶望先生 第二期
[ 2007/10/10 22:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

町田大道芸

チンドン屋

 町田駅前を歩いていたら、やけに現代的なファッションのチンドン屋がいたので、ケータイでパチリ。
 女性の3人組で、海外遠征とかもやってるみたい。

町田大道芸公式サイト
[ 2007/10/08 23:20 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

日本科学未来館

前回までのあらすじ
宇宙エレベーター


 全天周映画「宇宙エレベータ~科学者の夢みる未来~」を見るべく、日本科学未来館へ。


 ゆりかもめで「さよなら絶望先生」の単行本読んだら、絶望先生が「足切り」に絶望する話だった。そのせいかどうかは分からないが、到着した時点で既に「本日の予約は全て終了」の札がかかっていた。
 全天周映画がダメならメガスターを…とか思っていたがさすがに甘かったようだ。そう言えば、これまで4回ほど訪れているが、一度も見れたためしがない。次回は開館と同時にダッシュすることにする。

 宇宙への道を絶たれた迂闊で残念な人のために、未来館がいくつか救済策を用意してくれていた。せっかくだから紹介させてもらう。

[ 2007/10/07 21:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ネギま!実写版

 秋新番の中に面白そうなもの…というか、私の興味を引くものが少ない。
 こんなときこそ手を広げ、通常なら回避するものをあえて摘んでみるべきだろう。というわけで…

 魔法先生ネギま!
 http://www.starchild.co.jp/special/negima-drama/

 ちなみに原作にもアニメにも全く思い入れはありません。
 もちろん出演者も知らない人ばっかり。


 真っ先に気になったのが画面の暗さ。ハリポタを意識してかどうかは分からないが、セットや小道具の質感がよくでている。けど、「女の子がたくさんいる」華やかさがまるでない。前者を期待してこの番組を見る人は相当少ないと思うのだけど。何か、普通の女子高の日常を切り取りましたって感じで、ファンタジーが感じられないってのはマズくないか。


 女の子も皆、大勢の中の一人として埋没しちゃってる。みんな、普通の日本人の女の子だから当たり前っちゃ当たり前か。でも、原作キャラに似ている似てない以前に、まずドラマの登場人物として立てるところまでいってない気がする。
 写真で見ればそれぞれ髪形が違っていたり、小物のアレンジがあったりするんだけど…。思い切って制服をやめて私服にしてしまえば…というわけにはいかなかったんだろうなぁ、きっと。アニメみたいに髪型や色を大胆に変えられない分損していて、それがそのまま流れている感じ。
 登場人物が多いというのはむしろハンディキャップであって、たぶん世界中から美少女を集めてきてもやっぱり同じような見え方になるんじゃないかと思う。う~ん、番組終了までに彼女らを識別できるようになるだろうか。

 ビジュアル面での制限を外すことが難しいなら、作劇面で思い切ったことをして欲しい。スポットライトを当てるキャラを絞り込むとか。「ネギと明日菜とその他の人たち」みたいに。ただ、それを『ネギま!』と呼べるかどうかは分からない。


 もしかして『絶望先生』の方が実写化しやすいか?
 いや、やめて。絶対。
[ 2007/10/05 01:16 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。