スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

TV買った

 朝起きたら、TVの電源が入らなくなっていた。
 以前から調子が悪く、夏のボーナスあたりを見込んで買い換えるつもりではあったので、予定を1ヶ月ばかり前倒して新しいTVを購入することにした。

 駅前の量販店で、地上デジ対応TVと地アナTV売り場とをウロウロ。アパートのCATVは地デジ対応の際、パススルー方式からSTBに方式に変わってしまったため、従来のTVでも地デジを視聴可能な反面、地デジTVを買ってもSTBからのAV入力としてしか地デジ放送を見ることが出来ないのだ。
 安価な地アナTVを買ってしまわず、地デジTVを買うか迷ったのは国内の主要メーカーの地アナTVがなくなっており、よく知らないメーカーの製品しか店頭になかったからだ。

 店員の話を聞きつつ、結局、SONYのBRAVIA(20型)にした。
 STB方式にしか対応していないCATVが、今後パススルーに対応していく可能性と、TVとしての基本的な性能と機能の差を鑑みて、あとは財布とご相談といったところ。画面の大きさは部屋のスペースと私の視界を圧迫しない程度というところで、4:3なら15~17インチ、ワイドなら20インチと決めてあった。今まで使っていたTVが左右にスピーカーが配置されている形状だったこともあり、違和感なく部屋に収まった。

 さて、新しく買ったTVで最初に何を見ようか。せっかく画面がワイドになったことだし、ワイド画面にふさわしい映像でそのありがたみを感じておきたいところだよね…

パプリカ パプリカ
筒井康隆、 他 (2007/05/23)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


 コレですよ、コレ!

 湧き出るイメージの奔流、煽る音楽、う~、至福。
スポンサーサイト
[ 2007/05/27 23:58 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

ヲタク訪問

 映画やカラオケを毎月一緒している仲間内で、そのメンバーのお宅に集って飲み食いしつつ、その所有コンテンツを楽しもうという催し物。
(…実際に件名のタイトルでやっているわけではないんだけれど)
今回訪問するヲタクは、私のマイミクでもあるあにまさん。

1) 春の新番組OP・EDのおさらい

2)ニコニコ動画のつまみ食い

3)「ICE」の予習
 デザイナー、イラストレーター、モデラーとして大活躍していた小林誠の監督するアニメ作品。金持ちが札束の力で有名人を集めて作ったような、作り手の趣味が先行している作品…という印象を受けた。正直、こりゃキツイわ。

4)「舞乙姫Zwei」についての講義

5)所蔵フィギュアのチェック

6)「電脳コイル」のオフライン実況

7)「MSイグルー」の復習

8)劇場版「地球へ…」の授業

9)「ドラゴンズヘブン」についての緊急授業
 上記3)のICEがとてもヒドい…面白い出来だったので、過去の小林誠作品をチェックしようということになった。こう時に必要な教材がサラッっと出てくるのがあにまさん宅のスゴイところだ。


ps.あにまさんのお宅は掃除が行き届いていて、新築時にお邪魔したときと変わらぬきれいさだった。皆が一番驚いていたのは、そのことだったような…。
[ 2007/05/27 21:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

今日はアフロの日

ディアスポリス-異邦警察 4 (4) ディアスポリス-異邦警察 4 (4)
すぎむら しんいち、リチャード・ウー 他 (2007/05/23)
講談社
この商品の詳細を見る


 密入国外国人の密入国外国人による密入国外国人のための裏都庁。そして彼らを守る裏の警察、異邦警察(ディアスポリス)の活躍も4巻目。

 4巻はハードな「ダーティ・イエロー・ボーイズ編」の後半戦。長丁場だけに読み応えはある。
 そして、新米刑事・鈴木の元恋人との再会を描いた「フェアウェル、マイ・チェリー編」…って、こっちは1話だけっすか。食い足りないな~。
 わざわざ単行本の尺に合わせてはいないだろうけど、半端なところで終わるので読後の方が空腹感が募るのだ。

 というわけで、次巻は、もうちょっとイサーム女史の見せ場を希望。
[ 2007/05/24 00:38 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)

読みたい~

takeru 1 (1) takeru 1 (1)
中島 かずき、唐々煙 他 (2006/01/10)
マッグガーデン
この商品の詳細を見る


 本屋でたまたま見かけた。
 『グレンラガン』『大江戸ロケット』でアニメファン的に時の人となりつつある、劇団新☆感線の座付き作家、中島かずき原作のコミックである。(というか、過去の戯曲のコミック化?)
 少女コミックのコーナーにあったし、買う前に漫画喫茶でチェックしてから…と思ったが、残念ながら収蔵されていなかった。
 う~む、突撃するべきか、引くべきか…。
[ 2007/05/21 21:36 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)

町田で飲もう

…をキャッチフレーズに、大学のサークルの後輩を誘ってみた。

 町田をよく知らない彼への紹介を兼ねて、夕方から、駅前のスポットをまわって買い物。
 ・ソフマップ町田
 ・ゲーマーズ町田
 ・とらのあな町田
 ・YellowSubmarine町田
 ・書店×2店
 ・模型屋×1店
 ・東急ハンズ町田


 あ、まんがの森、アニメイトを回るの忘れてた。…ということまで含めると結構なヲタ街である<町田

 18時前くらいを目途に、以前から入りたかった焼き鳥屋に入ってみる。
 「予約が一杯で…7時までになりますが」
 日も落ちてないのにこの有様。なかなかの人気店だ。
 焼き鳥もうまかったが、試しに飲んでみた日本酒(「30粒」)がうまかった。後で楽天で探してみようっと。

 買い物中に気になったホルモン屋が案の定というか満席だったので、傍らの焼肉屋へ。クッパ、ビビンバ等実質的な食事。

 その後、焼肉屋の隣のバーに。後輩はカクテルを、私はウイスキーを注文。店の内装とかはきれいだったが、若い客が多いせいか、隠れ家的な雰囲気にはならなかった。


 マスターお任せでうまいウイスキーを、一人でもじっくりと飲みにいけるような、そんな店を探すのが、今後の課題。
[ 2007/05/20 19:52 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

超執刀カドゥケウス

超執刀カドゥケウス(アトラスベストコレクション) 超執刀カドゥケウス(アトラスベストコレクション)
Nintendo DS (2007/04/26)
アトラス
この商品の詳細を見る


 外科医となって、患者を手術するゲーム
 『ゴッドハンド輝』を読んだら、無性にやりたくなったので購入。

 集中力の持続を要求され、非常に消耗する。
 難しい!面白い!

 まだ、序盤もイイトコだけど、買ってよかった~。
[ 2007/05/17 01:22 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

最近読んでる本

クトゥルー〈1〉 クトゥルー〈1〉
H.P. ラヴクラフト (1988/12)
青心社

この商品の詳細を見る

 「え、まだ読んでなかったの?」…とか言われそうだ。
 魔界水滸伝とか、引用モノはいくつか読んでるんだけど、ご尊は全然押さえてなかったんだよね~。

 wikiとか、まとめサイトをカンニングしつつ、知ったかぶりをする手もあるのだろう。
 けど、「このくらいは基礎教養として身に着いていて当然だよね~」という内なる声まではごまかせなかった。
 ホントに内なる声だったのか、それとも復活を企む旧支配者の呼びかけが聞こえたのか、あまり自信はないのだけれども。
[ 2007/05/13 23:56 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

コミックダッシュ!のおすすめ機能

 所有コミックの管理&新刊コミックのチェックをしてくれるサイト「コミックダッシュ!」におすすめコミック機能が追加された。

 私自身が既に持っているコミックの情報と、同じコミックを持っている他のユーザーの所有コミック等との突合せから、私へのお勧めコミックを選び出してくれる機能だ。

 さっそく、覗いてみたら、実は既に持っていた(がそのことを忘れていた)もの、持っていたが手放したもの、漫画喫茶で読むことにしているもの…などが続々とあらわれてきた。印象としては結構な的中率といえる。
#人気のタイトルが多いので、誰もが同じコミックを勧められている可能性もあるが…。

 こっちの上げる情報の精度を上げれば(原理的には)おすすめの確度も上がっていくはず。こまめにチェックしてみようっと。

ちなみに私自身の登録コミックはコチラ。
http://c-kom.homeip.net/comicdash/profile/morinatsu

[ 2007/05/13 23:13 ] アニメ・特撮 | TB(1) | CM(2)

Re-

あらすじ:

 平泉を追われた源義経一行は、追っ手を逃れるため、人の立ち寄らない山に隠れる。しかし、武蔵坊弁慶の負傷の癒える間もなく、追っ手が山狩りを行うという情報を得た一行は苦渋の決断を…。

 TVの取材スタッフとして、東北の鍾乳洞を訪れたクロは、地震による落盤で鍾乳洞に閉じ込められてしまう。鍾乳洞内をさまよう中、出会った弁慶の幽霊に、自分は義経の生まれ変わりであると知らされ…。


 BQMAPの公演『Re-』。劇団の代表作的な扱いで、これで4回目の上演である。私自身、再演以降の上演を見てきているので、3回目ということになる。
 再演を見たときは、小さな劇場に暗く濃密な空気とともに封じ込られたような印象を受けた。今回の公演は対照的にパリッとして明るい印象を受けた。

 役者が大幅に世代交代して若返った感がするというのが大きいだろうか。今、劇団の主力である役者も再演時は二十代だったのだから年齢が下がっているというのは錯覚のはずなのだが…。
 むしろ、若手が力をつけてきて、彼らの個性が劇団のカラーに影響を及ぼしてきている結果というような気がする。長く続いてきた劇団が往々にして世代交代に失敗し、役者とともに歳を取っていきがちなことを考えると、これは喜ぶべきことか。
 その面で考えると、弁慶役の小笹さんが今回の「Re-」のカラーを決定付けたように思う。今まで弁慶役を演じてきた役者と比べると大抜擢であるが、役に埋もれることなく、茶目っ気のある弁慶を好演していた。
 一方、義経役の臼井さんは再演以降の引き続きということで3回目。劇団でのキャリアを考えればもうそろそろ弁慶役をやってもおかしくない頃だ。ま、義経役が似合っているのだからしばらく不動だろうケド。




ps.ヒロインのナズナを演じた寺崎裕香さんはラブ・ライブの人なのね…。この繋がりは今後も増えていきそうだなぁ。
ps2.本多可奈さんの女丈夫役ってのはBQMAPの既定路線なのか…?
[ 2007/05/06 15:29 ] 小劇場 | TB(0) | CM(0)

カップヌードル・リフィル

 詰め替え用のカップ・ヌードルが発売されてるのをご存知だろうか。
 http://cupnoodle.jp/refill/index.html

 プラスチック製のマイカップに、袋入りのヌードルを詰め替えて食べようという、微妙なコンセプトの商品だ。
 スチロール製のカップが不要な分、省資源でゴミの量が減る=エコ…ということらしい。

 エコかどうかはともかく、わざわざカップヌードルを専用の容器に詰め替えて食べるというもどかしさを体感してみたかったので買ってみた。一部のコンビニでしか扱っていないのと、価格的なメリットが殆ど感じられないのが残念だ。

 マイカップは二重構造になっていて、間の台紙を取り替えることにより、デザインの変更が可能。台紙を作製するためのツールも上記のサイトから提供されている。
 試しにオンラインゲームで所属しているグループのロゴを使って、デザインしてみた。

HowlingCatsカップ

[ 2007/05/05 19:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

GW折り返し地点

 実家に帰省中。
 
 GWも折り返し地点ということで、観た芝居の感想なりなんなりも、こちらで書こうとNotePC抱えてきたものの。

 一人暮らしを始めた弟が、実家から無線LANの設備を引っこ抜き、持っていってしまっていた。
 残された環境は、ADSLにPC1台をPPPoE接続なので、LANケーブルを差し込むべきルータも無い。
 とりあえず実家のPC借りて、このブログやWebメールとかオンライン上のサービスだけ利用している。

 半年に一度来るか来ないかという実家の設備を拡充する…というのも馬鹿馬鹿しいので、自分のNotePCからインターネット接続ができるようにするのがいいんだろうなぁ。旅行の時にも使えるだろうし。
 プリペイドのサービスとかあったよなぁ、探してみよう。
[ 2007/05/02 13:04 ] 日記 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。