スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年寄り限定ネタ

「初めまして、お母さん。あなたの息子の犬麿です!」

ゾウの「代理母」を使ったマンモス復活計画、近畿大
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2782603/6688786 (AFPBB News)
スポンサーサイト
[ 2011/01/19 13:02 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

ちょっといいニュース

今日見たなかで、「これは良かった」と思えるニュースがあった。


科学研究費、繰り越し可能に…一部を基金で運用 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101221-OYT1T00172.htm

「過剰な予算を組んでおいて、つじつまが合わなくなったら予算消化のために高額の機器を買う」っていう悪い習慣をやめられるだろう。予算案に嘘が無くなるから「仕分けの場で、合理的に説明できない無駄を指摘されて撃沈」という交通事故も減るのではないか。こういう改革がもっと進むといいなぁ。


過去記事
衆愚との自覚
[ 2010/12/21 23:28 ] 科学 | TB(0) | CM(0)

NASAを築いた人と技術


Powered by POPit



 会社の先輩から頂いた本。

 アポロ計画を進める上でNASA(およびその前身となる組織)に起こった変革、及びその変革への抵抗とか受容とかを描いた労作。
 NASA成立以前の、アメリカにおける宇宙開発機関のそれぞれにおける文化的ありようと、それらの組織がNASAに組み込まれる過程で、フォン・ブラウンを始めとする現場の研究者たちがどのように葛藤したかが当事者たちの残した文章などをもとに再現されている。
 徒弟制vs標準化、暗黙知vs明文化、科学者vs技術者、…。

 本書は筆者の博士論文をもとに書かれたものであり、引用され下敷きとなった文献・資料の質と量は圧巻だ。
 それでも冒頭の文で「描いた」と表現したくなったのは、論文というよりも、まず研究者たちの列伝として楽しめる構成で書かれているからだ。

 第5章では、日本の宇宙開発機関としてJAXAの前身であるISASとNASDAを扱っている。はやぶさやイカロスを実現した研究者たちのルーツにあたる人々が、NASAの技術者たちとは違った形で彼らと同じ課題に取り組んだ様も読んでみて欲しい。


ps.構成管理って、やっぱ現場の人には嫌われるんだな。あのアメリカでさえそうだったんだ…
[ 2010/11/02 02:32 ] 科学 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。