スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語の勉強(をしない話)

 「インターネットで世界と繋がろう!」とかいう気持ちは全然なくて。ソーシャルゲームに参加してみたら周りがガイジンばかりだったり、海外ソフトを使ってみたらトラブルでサポートに連絡しなきゃならなくなったとか、あまり前向きでない理由で英文書く機会が増えてきた。
 なんとなく、自分なりの考え方、やり方みたいなのが確立してきたので記録しとく。


1. これを意識すると楽になった
1.1 会話のテーマはあらかじめ決まっている
 ゲームについてのチャットだったり、ソフトのトラブルについてのメールだったり、読み書きする内容は特定のテーマと目的と常識に沿っている。
 ソフトのサポート担当がいきなり「恋人はいますか」と尋ねてくる可能性は(例えそれを望んでいたとしても)ほとんどない。
 使われる単語の多くは挨拶を除けば、テーマに沿った用語であり、これらは辞書を引くまでもなく、予備知識として既に頭にあることが多い。一番大切な手がかりを既につかんでいるのだ。
1.2 「英会話よりはるかに楽」だと思っておく
 そもそもの出発点として、非コミュの日本人が同じく日本人であるはずのリア充と会話しようと試みるのとは比較にならないほど楽だ。
 メールのやりとりなら半日~1日くらいの感覚は普通だし、チャットでも秒単位の反応を求められることはまずない。相手からこちらの姿は見えないのでカンニングが恥ずかしいという話もない。
 おまけに発音やヒアリングという困難を乗り越える必要すらない。文字を発明した古代の人々に感謝だ。

2. 敷居をなるべく低く保つ
2.1 早めに日本人(だから英語が不得意)であることを相手に知らせておく
 「日本人の英語下手は世界の常識である」というのがどこまで真実か分らない。が、英語ネイティブでないことを表明しておくと(相手がどう思うかはともかく)自分の気持ちが楽になった。
2.2 必ずしも正しい英語を使う必要はない
 ソーシャルゲームに参加していたガイジンたちは、そもそも正しい英語を使ってなかった。最初に戸惑ったのが"h r y"。ハウアーユーなのだと理解するのに10分以上かかった。省略されてない単語のほうが少なく、カンマどころかピリオドやクエスチョンマークまで省略されるので文の継ぎ目が分らない。Google翻訳もお手上げだった。さすがに途方に暮れた。最終的に相手に「分らないので教えてくれ」と頼むことで解決した。
 最初から間違いのない英文を書くことにこだわるより、相手に自分の意図が通じているか、相手の意図を自分が理解しているか確認しながら対話を進めていく方が確実でもあった。

3. 道具立て
3.1 Google翻訳
 やっぱり文法の知識が心もとないので、英文を読むときはタブブラウザの別タブにあらかじめ待機させていることが多い。マニアックな分野の語彙にもある程度対応しているし。
 翻訳結果が微妙なときはどうするか。修飾語を省いてみたり、長すぎる文を分解してみたりとこねくり回しているうちに、なぜか自分の方が適切な訳にたどり着くことが多い。
 あと、自分の書いた英文は、適切かどうか逆翻訳してチェックすると安心感に繋がる。
3.2 インターネット辞書
 Google翻訳で納得いかなかったときに補助的に使う。自分の場合は英熟語。
3.3 ずるっこ!
 長文を読むときはこれが頼り。英文の各単語に日本語のルビを振ってくれるサービス。だが、ツールチップ方式で複数の訳を読めたり、「こんなの知ってるよ」という単語にはルビを振らないこともできたりする。(既知の単語はユーザー毎に記録される)
 http://zurukko.jp/


 こんなかんじ。


Lang-8、しばらく遠ざかっていたけど復活しようかなぁ。海外のアニメファンが書いた日本語を添削するのが楽しいのだ。
[ 2011/05/22 02:53 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

こくうまキムチ とろっマヨ

 東海漬物っていう食品メーカーがある。
 『けいおん!』のキャラクター商品「ムギちゃんのたくあん」を出して話題になったところでもあるんだけど、私はここの「こくうまキムチ」っていうキムチのファンだ。
 「酒の肴に動物性たんぱくや脂肪ばかりっていうのもなぁ」などというプチ健康志向が頭をもたげてきたときなど、小分けパックを時折…というか頻繁に買っていた。いや、きっとこれからも買い続ける。

 スーパーの漬物コーナー、キムチの棚に見慣れぬ黒いパッケージがあったので見てみたら「こくうま」のバリエーションだったので買ってみた。

 マヨネーズか、どうなんだろう。マヨネーズ好きは何にでもマヨネーズかけるからなぁ。きっと、こういう商品の需要もあるのだろう。でも、私自身はマヨラーじゃ無いし。しかし、「こくうま」だから試す価値はあるかなぁ。といった葛藤の末、半歩ほどヒキつつ買い物カゴに入れた。

http://www.kyuchan.co.jp/kokuuma/product_kokuuma_mayo/index.html (メーカーサイトの製品紹介ページ)

 結果としては大当たり。「こくうま」という名にふさわしいコクとうまみ。「こくうま」自体、激辛をうたった商品ではないが、さらに辛みが抑えられていて食べやすい。今まで何でこの存在に気づかなかったんだろう。
 キムチ、マヨネーズ、チーズにトマトという組み合わせ。もちろんベースはキムチなので辛みと酸味はあるのだけど、どれかが突出していることもなく、渾然となってる感じ。「キムチにマヨを入れるなど邪道」と断じる原理主義者でなければ試してみて損は無いと思う。
 あえて欠点をあげるとすれば、食べやすさの裏返しで量が欲しくなるところ。たぶん小分けパックが出ても自分は買わない。
[ 2011/04/14 06:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

拡散するなよ、絶対するなよ(上島メソッド)

 以下のツイートが今日(3/15)の正午になってRTされてきてお茶吹いた。
 知人の柴田町議に前日連絡が取れていたからだ。

30人以上が餓死寸前です。食料、医薬品、燃料を至急お願いします。宮城の県南地域には物資が全く来ません。地域住民が30万人以上、孤立状態です。メディアに無視されてる地域です。助けてください 宮城県柴田町仙南中央病院病院長 鈴木健#311sppt #j_j_helpme



 念のため、メールで問い合わせたら3/15 21時に返信が来た。

・柴田町は近隣に比べれば被害が少なく、避難所に外の被災者を受け入れている。(3/14時点)
・電気は3/15の午後に復活。これは地域差あるかも。
・ライフラインで復旧していないのは水道のみ。ただしガソリンが手に入りにくい。(3/15時点)

 上記のツイートは元ツイートがなされた時点では誤りでは無かったかもしれないが、既に古い情報です。
 日時のない情報は単に無視する、見過ごせない場合は行政機関に通報するのがいいと思います。
 3/21訂正 twitterで見たという通報はやめたほうがいいようです。当事者か、その関係者など、現時点での状況を知る人から直接通報させるべし。
[ 2011/03/15 22:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

もしもし、ぼくドラえもん




 「真摯さが大切」とか言われた時点で、大半の人がこの本(あるいはドラッカー)を放り出すと思ったんだけど、どうなんだろう。

 マネージャーって、歳取って飛行機に乗れなくなったパイロットや偉くなりすぎてバスに乗せてもらえなくなった運転手、みたいなイメージで、マネジメントが好きだからマネージャーやってる人なんて少数派なんじゃないかと思う。鉄道会社の社長になるためのステップの一つとして電車の運転手になる人なんて、どれだけいるの?

 バスや電車の運転をしていく中で、より多くの給料をもらうためとか、現場にいられる歳じゃなくなったけど生活があるからとかの理由でマネージャーにシフトするというのが実情だと思う。その中で、もしかしたらマネジメントの面白さなり意義を見いだす人もいるかもしれない。
 でも、そんな面白さを感じることもなくて、そもそも自分がマネジメントに向いているとも思えなくてって人が、やらされてる感満々で実際マネージャーやらされてるってのが本当の不幸だよね。マネージャー自身にとっても、周りにとっても。
[ 2011/01/21 14:04 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(2)

天才現る



 スーパーコンピュータとして名高い、CRAYシリーズの生みの親であるシーモア・クレイの伝記。

 一番速いコンピュータを作ることに心血を燃やし、真空管、トランジスタ、ICと素子を乗換えながらも回路設計の一線で働き続けるクレイ。それだけでも十分以上にすごいが、この本で焦点を当てているのは、彼がその過程で、より仕事に没頭できる環境を求めて、何度も所属した会社を抜け出して新会社に移籍しているところ。
 その有様は甲殻類が成長しすぎた身体を納めきれなくなった殻を脱ぎ捨てて何度も脱皮していくよう。何しろ、彼自身が創業し、自らの名前を冠した会社まで抜けていくのだ。
 もちろん、背景としては冷戦下の核開発競争まっただ中で、スピードの速い科学技術計算用コンピュータの開発に軍が莫大な予算をかけていたというのがある。

 自分のやりたい仕事を守ろうとするクレイの徹底ぶりは目を見張るもので、就職≒就社といった感覚の人間が読んでいくとよくもまぁそんなムチャをするものだ、できるものだと思わないでもない。
 実際、彼がひたすら自分の仕事を貫いていく一方で、家族と生活のために古い会社に残る技術者がおり、また彼の方針変更の結果、優先度が落ちた仕事の続きをさせられる技術者がおり。
 「新しいボートを造り始める前に、古いボートは燃やせ」って風にはいかんよなぁ。自分なんて、むしろ「今燃えてんの自分の服じゃね?」って感じだ。
[ 2011/01/18 15:15 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。