スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東薫酒造見学

東薫
http://www.tokun.co.jp/


 千葉県香取市の佐原にある、東薫造さんを見学。
蔵の入り口


タンク
 第一次大戦時、英軍は極秘に戦車の開発を進めていた。秘密を守るため、戦車は水槽(タンク)と偽って呼称されたと言われる。別に関係ないだろうけど、ここのタンクもなぜか、造船会社製のものが多くみられた。しかも1つ1つ微妙に容量が違うとか、冷却用のパイプが張り巡らされているなど、秘密の匂い満点だ。とてもただの水を蓄えているだけには思えない。

地獄のふた
 上の階から先ほどのタンクを見たところ。床の高さはタンク乗降用のハッチとピッタリ合っている。

絞り器(人力)
 醸造された燃料を絞る機械。人力式で「この指1本で楽々」というわけにはいかないそうだ。単ある展示物ではなく、特別な燃料を精製するときには未だこちらを使うとのこと。

絞り器(機械)
 同じく全自動のもの。通常の燃料はこちらで。


 見学後、燃料のサンプルを試飲させてもらった。(無料または格安)
 材料の米が異なることもあってか、サンプル毎にかなりの味の違いがある。どれもうまかったな~。
[ 2009/11/15 20:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

青春バスガイド

 大学の同窓会に行ってきた。
 今年は例年とちょっと違い、「屋外で街歩き」とのこと。

 集まった人数も例年の半分くらい。う~ん、こういう趣向だとこんなもんかな。
 とはいえ、バスでの旅行なんて社会人になってからまったく経験ない。たまにはいいじゃないか。ちゃんとバスガイドさんまで付いている。お菓子とコーヒーが配られ、久々の遠足気分だ。
 バスが出発してから、なぜか非公開であった行程表が配られる。なるほど!

 はい、今回のテーマはこれです。ドン!
テーマ


 東京から離れると共に変わる風景を楽しむ。郊外の道沿いに見える建物と、企業の出店とか撤退とかが話題に上る。
 そんな風景もいつしか、田んぼと川と釣り人に取って代わり、最初の目的地、潮来へ。


富士屋ホテル開花亭
http://www.fujiya-hotel.co.jp/kaikatei/index.html
富士屋ホテル開花亭お昼
 近隣で穫られたという魚介の刺身とともに、ビールを頂き、早くも酔っぱらいの顔になり始める。


 しかし、今回のメインと言えるのは次の目的地。え~、ここです。
>東薫


(つづく!)
[ 2009/11/15 14:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

仙南シンケンファクトリー

前回までのあらすじ
もやしもん(8) 

 帰省ついでに『もやしもん』で紹介されていた、「仙南シンケンファクトリー」にビール飲みに行った。
 シンケンとはドイツ語でハムのこと。工場でハムとかソーセージとか作ってる。『侍戦隊シンケンジャー』ショーの専門施設とかでは無いらしい。(2009年8月現在。将来的には未定)

 目的がなので、電車で行った。生涯何度目かの阿武隈急行で、JR東北本線の槻木駅で乗り換えて角田駅まで。
 「宇宙のロマン」岡駅とか、「古代の薫り」横倉駅とかを経由。同行の友人と『阿武急SUGEEE!』を連発しているうちに角田駅に着いた。もしあのまま終点の福島まで行っていたらどんな車内アナウンスがされていたのか想像もつかない。


 仙南シンケンファクトリーはこんな施設。
仙南シンケンファクトリー仙南シンケンファクトリー

 地ビール目当てに行って、そればかり飲んできた。ピルスナーとスタウトの2種類。ピルスナーは日本で市販されている「ビール」と同じタイプ。スタウトはいわゆる「黒ビール」。どちらも日本人向けというか、飲みやすさ優先の品だ。特にスタウトは飲みやすい中にも、ほどよい苦さがあって、好みの味だった。
 店舗は15時までで、夕食の時間帯には買い物が出来ない。買い物がしたければランチタイムに行くべし。JAの店舗での商品取り扱いはあるはずだが、残念ながら通販サイト等には無いみたい。

 もう一つ残念なのはせっかく駅前なのに、他に遊べるところが何もないところ。を提供する施設に自動車では来れないので、ほぼ孤軍奮闘の状態になっているのが寂しい。
 田舎の駅前って、こういうところが惜しいよなぁ。出発時、実家の最寄り駅にも喫茶店とかなくて、「三全」の店舗で「萩の月」買って食ってたし。


大きな地図で見る
[ 2009/08/25 10:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

もやしもん (8)

 全編、これビール祭り。
 ムトーが美人力とへの情熱をあちらこちらに注ぎまくってお祭りを盛り上げます。
 実在するビール蔵、大手メーカーまで巻き込んでのお祭りの作り込みがすばらしい。
 ビールを飲みながら読みたい一冊。

巻末には作品内での呼びかけに答えた全国の地ビール蔵の紹介が。
こういうときは、やっぱ、自分の出身地のビールを探してみるよね。
あったぜ、仙南シンケンファクトリー。駅の近くみたいだし、帰省の時に行ってみようかな。


Powered by POPit



ps.唐揚げのお姉さん(メガネ巨乳)人気あるなー。
 鶏を絞める初登場シーンが衝撃的だったから?

[ 2009/07/26 13:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

科学で味わう日本酒

 日本科学未来館で日本のイベントを行うようです。
 平日でなければ逝くのになぁ。

[ 2009/04/24 19:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。