スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょっとドイツ行ってきた

 徒歩で。

 ドイツ・オーストリア生活文化館(サイトなし)

 町田の芹が谷公園の周辺にある施設。向こうの文化に惚れ込んだ館長が私財と時間を費やして建設、維持しているこだわりの館である。


看板
 わざわざ探さなければ目に入らないような看板。注目すべきはその営業日で、一年の半分以上がお休みだ。曜日としては木曜~日曜だが、日曜は音楽会開催のため一般の営業が休みになることもあるという。


お茶
 右側のお菓子はパラチンケと呼ばれるウィーンのお菓子。パンケーキの生地で作られたクレープといったところ。中身はルバーブという野菜のジャム。柑橘系の果物に似た酸味に、ミントのような香りがした。日本でも軽井沢等で栽培されているらしい。

 頼んだのはお茶とお菓子。それに、たまたまスタッフのお茶の時間に居合わせたおかげでサンドイッチが付き、さらに「今日入れたお茶がおいしかったから、あなたも飲んで」という理由で写真にはない紅茶が後で追加された。


 室内の写真も撮影したのだが、残念ながら紛失してしまった。喫茶店というより、老舗旅館の食堂みたいな作り。(これは写真を見せてもらった)
 窓から見える外の風景、外から窓越しに見える室内の様子。極端に作り込まれた原寸大のドールハウスといったところか。傾けられた情熱は、むしろあのお台場ガンダムに通ずるものがあるかもしれない。
 しかし、中の空気はあくまで穏やかなもの。今まで行った店からあえて似たところを選ぶとすれば、一番近いのは猫カフェの空気か。


 博物館や美術館のように展示品を説明しているわけではない。あるのは向こうで普通に売られている雑貨や手作りの品々だ。
 お茶や食事も出すが、喫茶店やレストランというわけでもない。スタッフとして働いているのは絵に描いたような近所のおばさんたちだ。
 この生活文化館が見せてくれるのは、向こうの日常生活。建物と庭は向こうの民家のものを模しており、出されるお菓子も『夢色パティシエール』に出てきそうなスイーツではなく、普通の家庭でお母さんが日々作っているような、まさに「おやつ」。
 日頃の憂さを晴らす非日常の世界へご招待する…場所ではない。それ自体に価値がある、豊かな日常生活を提案しようという意図があるという。

 宣伝とかしない主義なので、公式サイトもなければ、グルメ系サイトへの登録もないということ。なので、ぜひ歩いて探してみて。
スポンサーサイト
[ 2010/10/12 01:11 ] 町田 | TB(0) | CM(2)

薬師池公園

 町田駅からバスで20分ほどいったところにある、薬師池公園に行ってみた。

薬師池公園1


薬師池公園2大蛇伝説
 池に住む大蛇は、古くから町田に住んでいる住民の密かな信仰の対象となっている。


市内中心の民家倉庫
 町田市民の一般的な住宅。駅前再開発が始まる前から市街中心部の人口は密集しており、郊外にレンタル倉庫を借りるのが一般的であった。

郊外の民家
 もちろん、郊外はそんなこともなく、十分な広さを持った一軒家が立ち並ぶ。


幻のあづまや
 惑星直列等による大規模な干潮時のみ使用できる幻のあづまや。普段はあづまやに至る経路が水没しており、鳥たちに占領されている。


自由民権の像
 『自由民権の像』。題名以上に、いろいろな意味でフリーダムだ。


 四季折々、色々な植物の花が代わる代わる楽しめる……はずの場所だが、たまたま今の時期はどの花も咲いてなかった。もうちょっと後なら紅葉とか雪景色とかが見れるのだろう。涼しくなったらまた行くか。
[ 2010/09/15 05:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

町田市立国際版画美術館

 美術館なんて柄じゃねーよ、と思いながらも行ってみた。なんとなく勢いで。

 現在の常設展はフランスの民衆版画。常設展と言いつつ、この美術館では年に何度も展示品を取っ替え引っ替えしているらしい。どんだけ金余りか<町田市。とも思ったが、逆にいつ来ても同じ展示品だったら、とても寂しいので、自分の払っている地方税の何パーセントが……とか考えるのはさておいた。
 19世紀後半の、庶民しかもおそらくは子供向けのオモチャだったであろう版画がたくさん展示されている。


参謀本部
 様々な階級の兵士が描かれた『参謀本部』。モデラーにはタミヤの1/35兵士くらいの大きさと言えば通じるだろうか。TRPG者ならアクチュアルウォーゲームの駒を想像するはず。昔の子供たちも人形を並べて悦に入っていたのだろうか。他にも銃士隊、アラブ兵(これは敵役か?)などたくさんの種類が展示されていた。一人の兵士をほぼ等身大に描いた作品もあり、当時の軍装に興味がある人には面白いかも。


着せ替え人形
 着せ替え人形。軍人がモデルということは……男の子向けか?女性が描かれたものもあった。念のため。


食人鬼
 操り人形『食人鬼』。つまりオーガ(ogre)なんだけど、イメージがちょっと……。人間が背中の籠に入れられたり、手に捕まれたりしているので、少なくとも作品名の誤りではなさそう。


 切り抜き、組み立てるタイプのペーパークラフトもあった。その複写を実際に組み立てたものが併せて展示されている。
ペーパークラフト


 展示品の説明は割と初心者に親切。中世の木版画から最新のスクリーンプリントまで一言で「版画」と呼ばれているもののいろいろな技法が実際の作品とともに解説されている。複数の技法が併用されている作品や、直接筆で書いたのではないかと思えるくらいの精緻な作品など見応えは十分。


 美術館は芹ヶ谷公園という大きな公園の一角にある。大きな広場もあるが、大部分を占める木陰と流水のおかげで雰囲気涼しめ。美術館内の喫茶店でお茶飲んでから散歩というのがいいかも。写真は中央にある噴水。わざわざ水深を浅くしてあるのか、子供が水浴びしていた。
噴水1噴水2噴水3
[ 2010/09/04 23:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

JAXA相模原キャンパス 一般公開

 近所だったんで行ってきた。
重要

 - JAXA 5つの誓い -
  ・整理
  ・整頓
  ・清掃
  ・清潔
  ・しつけ
JAXA_5つの誓い




 「もう、どうせ皆はやぶさのことなんて忘れてるだろう」とか思っていたが、そんなことはなかったぜ!」
 この暑い中、相模原なんぞにやってくるのは夏休み中の子供たちとか、天文ファンくらいだろうと思っていたが、意外にも若者よりオジサンが、オジサンよりオバサンが多くみられた。

 はやぶさ関連回ると、それだけで時間が無くなりそうなので、他の展示場を一気に回る。狙ってたわけではないが、普段公開されていない、お得感のある場所から回ることができた。

宇宙巨大イカ
 食用に養殖される宇宙巨大イカの頭部。だと思ったら、宇宙帆船イカロスの帆のスペアとか。嵐やスペースデブリなどのトラブルで破損したときは甲板員が船外作業で張り替えるのだ。
 なお、火星での動物性タンパク源としては、イカではなく主にカイコとドジョウが有望視されているそうなので、希望者は今のうちに慣れておくこと。


Apple本社
 侵入者を阻むトラップ。ではなくて、宇宙ケータイのアンテナ性能を試験するための部屋。iPhone4の開発にも使用された。


はやぶさ
 はやぶさの実物大模型。ここは普段から見学できる場所なので、もしかしたら他の日に来ても見れるかも。



 展示の中で、自分が一番気に入ったのは「再使用ロケット」。着陸用の緩衝材など一部の部品を除いた、ロケットのほぼ丸ごと全部を再使用可能にしようという、ある意味とても日本的な企てだ。(スペースシャトルは燃料タンクを使い捨てている。)帰還後のメンテは数日間で完了させ、宇宙行きのコストを2桁下げるという、「早い、安い、旨い」を実現するためのプロジェクト。
 高高度での観測業務から実運用を始めて、ゆくゆくは…という話だった。

 再使用ロケットの研究
 http://www.jaxa.jp/article/interview/no3/index_j.html

 ……今「スペース・デフレ」って新語を思いついたけど、口にするのはやめておこう。
 


 ちなみに、カプセルの展示会場である、相模原市立博物館の閉館時刻1時間前の光景。近隣の住民があきれるほどの大混雑。私はあきらめた。
見ろ!人がゴミのようだ


 相模市立博物館のプラネタリウムでは以前に取り上げた『銀河鉄道の夜』を上映中。「はやぶさ特番」の枠もあるので、事前に上映予定を確認すべし。
銀鉄


 休憩所として使われてた、会議室のドアに張ってあった、ありがたいお言葉。
お言葉
[ 2010/07/31 04:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

町田で飲もう(8)

 不況、他の理由で収入が減る中、久しぶりに新規開拓。
 行ってみたお店は同じビルのテナント同士。今まであまり行かなかった場所だ。


神田商店

 http://www.ka-n-da.com/ (お店のサイト)

 ホルモンと焼き肉の店。「ホルモンの店」って、オヤジが飲みながらクダ巻いてるイメージがあったのだが、そんなことはなかった。
 若い女性同士やカップルが多い。「うまい、うまい」と言いながらホルモン食ってる。
 メニューも豊富で、しかも分量が半分の品があるので、一人飲みの予算でも品数を頼める。これがありがたい。


炭火焼鳥 一(はじめ)

 http://www.hajime-machida.com/pc/ (お店のサイト)

 町田周辺で「日本」をキーワードに飲食店を検索したら、この店が出てきたので行ってみた。
 焼き鳥もうまかったが、何より日本のセレクションが自分好みだった。
 店舗サイトの、日本のメニューにあるは、状況によりあったり無かったりするようだ。当日頼んだ、飛露喜と小左衛門は今見るとどちらもメニューにないし。
 たまに行ってみて、その時々の日本を楽しみたい。
[ 2010/02/27 10:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。