スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ランチ会&観劇

 大学のOB会有志企画のランチ会があり、九段で昼食を食べた。

  LA FEVE 九段下店

 ランチというからには一皿料理と思っていたら、サラダ~パスタ~メイン~デザートと次から次へと。
 ただ、全体的な量とデザートとのバランスとかは女性向けという気がする。料理も酒も文句ない味なんだけど。腹六分目くらいの心持ちで、近辺で見かけた幾つかのラーメン屋の看板が思い起こされた。

 OB会の方は年を経るごとに活動が活発化してきて、懇親会の内容も年々おいしくなってきている。話を聞けば既に来年の会場も予約している(=1年以上前からの予約が必要な場所でやる)とのこと。それって、私みたいなキモヲタが行ってもいい場所ですか?(汗

 その後、近くのファミレスに移動して、さらにダベり続けた。
 OB会と言いつつ実のところ在学時代は殆ど交流の無かった人ばかりなのだが、卒業後にこうして何度か会っていることもあり、話題の中心は在学時代の思い出というよりは近況や今後の話(次はこんな企画で、とか)が多かった。


 二次会の解散が16時過ぎ。もう、ムリかな…と思いつつ池袋に行ってみた。コレを見るためだ。ムリかと思っていた当日券は若干残っており、補助席ながらもかなり前の席で見ることが出来た。

  劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り
 『犬顔家の一族の陰謀 ~金田真一耕助之介の事件です。ノート』


 タイトルとサブタイトルの通り、パロディ満載のネタもの。座付き作家の中島かずきではなく、いのうえひでのり作・演出で純粋に「笑える」芝居を目指したものだ。演劇と言うのもはばかられるかも。「お祭り」だし。
 役者がアドリブ仕掛けて自爆したり、互いにツッコんで沈没させたりと、生真面目な観客にはガマンならないほど見苦しいものだろう。そこに注ぎ込まれている労力は並々ならぬものがあるのだけれど。例えば、パンフに同封されている『金田真一耕助之介の冒険』は小説や漫画、短歌などが詰め込まれた250頁強の文庫本だ。売上が見込めるからこその贅沢なんだろうけど、よくやるよなぁ。私自身は…楽しくはあったけど、あまり笑ってはいなかったなぁ。
 古田新太をはじめとする劇団の人気者が揃い、多くのゲストを呼びつつも、若手の役者の出番と活躍が多かったのが印象に残った。『七芒星』以来かも。

 次回公演は来年1月。人斬り以蔵のお話の模様。

[ 2007/09/02 23:30 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(1)

白雪姫リメイク

http://eiga.com/buzz/show/8228

 う~ん、劇団☆新感線の『LOST SEVEN』(1999年)の後追いになっている感が。
 それとも『LOST SEVEN』の10年前にあったとされる、「スノーホワイトの乱」が再現されるのか。

 iTunesをお持ちの方はこちら
[ 2007/08/04 00:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

takeru (2)

takeru 2 (2) takeru 2 (2)
中島 かずき、唐々煙 他 (2006/06/09)
マッグガーデン
この商品の詳細を見る


 前回までのあらすじ

 種明かしとか、裏切りとか、操られとか、復活とか。
 序盤に組まれた構図が壊れて、話がいよいよ本格的に動き出してきた。

 ファンタジーとして、目をみはる様な斬新な設定があるわけではないんだけれど、多くのキャラを出しつつ、それぞれに見せ場が用意されていくのは、さすが座付き作家って感じ。

 座付きといえば、劇団☆新感線の楽曲を担当している岡崎司さんの作品集がiTunesMusicStoreに並んでいる。(アニメファンには『キングゲイナー』のEDの作曲者と言えば分かるかな)このコミックの原作に当たる『SUSANOH~魔性の剣』の曲もあるので、聴きながら読むと盛り上がるかも。

[ 2007/07/07 22:48 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)

takeru

takeru 1 (1) takeru 1 (1)
中島 かずき、唐々煙 他 (2006/01)
マッグガーデン
この商品の詳細を見る


 以前のエントリでも触れた、中島かずき原作のコミック
 過去の劇団新☆感線の上演作品、『SUSANOH~魔性の剣』をコミック向けにリライトしたものらしい。

 覇権を狙う「天帝国」が極東の列島「大八州」を荒らすさなか、ふとした縁で出会った三人の男、イズモノタケル、クマソノタケル、オグナノタケル。彼らは伝説の「スサノオの剣」が、「天帝国」に抵抗を続ける女傑の国、「蛇殻国」にあると踏んで…。


 新☆感線の役者は相当に男くさい面々が揃っているのだが、そこはさすがに色気を感じさせながらも少女向けに優しい絵になっている。

 舞台作品の長編コミック化のさらに一巻目ということで、まだ何も始まっていないようなものなのだけれど、期待は持てそうなのでしばらく読み続けようと思う。
[ 2007/06/10 21:08 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)

読みたい~

takeru 1 (1) takeru 1 (1)
中島 かずき、唐々煙 他 (2006/01/10)
マッグガーデン
この商品の詳細を見る


 本屋でたまたま見かけた。
 『グレンラガン』『大江戸ロケット』でアニメファン的に時の人となりつつある、劇団新☆感線の座付き作家、中島かずき原作のコミックである。(というか、過去の戯曲のコミック化?)
 少女コミックのコーナーにあったし、買う前に漫画喫茶でチェックしてから…と思ったが、残念ながら収蔵されていなかった。
 う~む、突撃するべきか、引くべきか…。
[ 2007/05/21 21:36 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。