スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一年の計は元旦にあり

 昨年の『明日から本気出す』に代わる、今年のスローガンは何にしようかなどとつらつら考えていた。
 そんなとき、twitterのTLに現われた「twitterにもおみくじがありますよ @omikujijp」というメッセージ。発信者はtwitter公式ナビゲーターの「ついなび」氏。

  http://twinavi.jp/ (ついなび)
  http://twitter.com/twinavi (twitter)

 「ついにメジャーデビュー!?」と喜ぶ前によぎったのは、そもそも無料サーバーとかで構成している「おみくじ」サービスが期待に耐えられるかということ。
 案の定、5分も経たないうちに、「初詣代わりに (^^)」的なアクセスが殺到。こんなことが起こった。


(1) 「おみくじ」の結果が消えて、空白のメッセージが相手に戻った
 twitter側のspam対策らしい。一定時間に同じ内容のtweetを投稿できないようになっている。おみくじの結果はあらかじめ登録したパターンによるので、そのパターンを使い切ってしまうと、同じ結果を返信されたユーザーには空のメッセージが届くことになる。
 以前一度、この現象が発生し、親切なユーザーの方から対処法のヒントも頂いていた。自分では「おおっぴらに宣伝せず細々と」とか、ともかくぬるい方針でいたため、再現することもあるまいと放置していたのだけど。
 メッセージのパターンを増すせば軽減できるかといえば、今回みたいにアクセスが殺到した場合には限界が来るのをちょっとのばす程度の効果しかない。相手からのリクエストにいちいち返信するタイプのbotとしては持病とも言えるか。
 メッセージの末尾に番号や時刻を振って、メッセージの内容を変えてしまう手も考えたが、なんというか「spamを無理矢理通す方法を考える悪徳業者」の気分になってきたのでやめてしまった。

(2) update回数の制限を超えた
 一定時間のtweet回数の制限にふれ、メッセージの発信自体が不可能になった。
 何より困ったのは、ここまでくると「サービス停止中です」的なアナウンスもできなくなること。
 こうなるとtwitterが制限を解除してくれるまで待つしかない。(約2時間ほどで自動解除される)
 Webサイトは作成してあるが、そこが起点のサービスではないので(@omikujijpにtweetを送ればいいだけ)、twitterのサイトにアナウンス載せても誰も読んでくれないだろうなぁと考え、実際、制限解除を待つ以外の対応はしなかった。


 期待を持ってアクセスしながらも、返信を返せなかった皆様、どうもすみませんでした。(読んでないでしょうけど)
 流量が殺到したときだけの問題なんで、今では落ち着いてます。
 たぶん、来年の元旦も同じようになると思います。(←根本を直す気はない)

 いや~、なかなか面白い体験だった。
 「アクセスが殺到」と行ってもたかだか数百件程度なんで、仕事で扱ってる大規模システムとは比べらんないけど。普段、開発だけやってる中ではなかなかこういう体験ってできないからね。
 botのシステムを公開してくれたphaさんにますます感謝。

[ 2010/01/02 13:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

新しい本棚

 上京してきた母親に、床に積み上げられた本の山を見られてしまった。
 元々、あまり持ち物を増やさない方針でやってきた自分。コミック、コンピュータ書籍、雑誌に加えて年相応にビジネス書のようなものもちっとは読むようになってきた。
 方針転換まではいかないにせよ、収納のパワーアップはやった方がいいかも。「戦わなくちゃ、現実と。」

 というわけで、未来デパートに最新式の本棚を注文したよ。


Powered by POPit


 大量の文書を一括して読み込むという機械なので、相応の大きさを予想していたのだけど、実際の品はかなりコンパクトだった。おまけに軽いので、机の上に据え置かなくても必要なときに広げて使うこともできそう。というか、既にそうしてる。

 1枚の紙を両面読むのに必要な時間は2秒前後。アニメを見ながらゆっくりスキャン…とか考えていたけど、自分が待っている時間より機械を待たせている時間の方が長かった。

 おまけに頭もいい。裁断した書籍を読むときなど、紙同士がくっついていてひっかかることがありがちだ。こいつはどのページまで読み込みがうまくいっていて、どこからやり直せばいいのか、実際に読み込んだページを映しだして教えてくれる。あまりに楽なので、自分の作業が適当になってしまった。(機械に余計な負荷がかかるので本来は避けるべき)

 じゃぁ、どの本を読み込ませようか。
 小説やコミックなど、作品として読みたいものより、1度読んでそれっきりになりがちな啓発本、ビジネス書が良さそうだ。「後から必要になるかも」と思って、読み終わってもなかなか手放す気にならないんだよね。だったら、電子化して後から検索する道を作った方が便利そうだ。


 で、自分にこのドキュメント・スキャナの魅力を教えてくれた本を、最初の犠牲者に選んだよ。むしろこれ以上、この本にふさわしい最後はないはずだ。(データとして残るんだから最後じゃないが)

整理HACKS

 小説も短編集の類は、電子化してiPhoneに入れちゃおうかなぁ。
[ 2009/11/03 18:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Yahoo pipes

 tumblrへのブログ更新通知の見栄えを改善しようと、Yahoo Pipesに手を出してみた。

 Yahoo Pipesってのは、Webで公開されているページやらなんやらをそのまま見るのではなく、好き勝手に加工して例えばRSSリーダーで読んだり、メールとして受け取れるようにしようってものだ。
 RSSが何かわからないって人は死んでね。googleで調べよう。(わかりやすく説明するの、意外に難しいんだよねー。使ってみた方が早い)
 ちなみに日本のYahoo Japanじゃなく、本家Yahooで提供しているサービスなので、そちらのアカウントが必要。

 Flickr って画像サイトから猫の画像を集めてくるPipeを作ってみたよ。

Flickr Cats


 ムダなことやってたり、おかしな所もあると思うけど、ご愛敬ってことで。


ps.
 「主にアニメ・ゲームの事を書き散らすためのチラシの裏です。」っていう、サイトの主旨からだんだん外れてきてるな~。
[ 2009/10/12 04:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

twitterのbotを作ってみた

 PHPの練習台にと、twitterのbotを作ろうと参考書等読んだり、サンプル動かしたりしていた昨今。
 とうとうプログラミングが不要なところまで簡単になってしまっていたみたい。

  プログラミングができない人もみんなTwitter Botを作ったらいいよ
  プログラミングができなくても作れるTwitter botの作り方

 これは試さねばなるまいとこんなのを作ってみた。

 おみくじ
http://twitter.com/omikujijp

 @omikujijpあてにメッセージを送ると、おみくじの内容が自分宛に返信されてきます。それだけ~。
おねがいしまっす
待てば海路の日和あり


 サーバ借りてから最初のポストが成功するまで約3時間の手軽さ。ただいま試験運転中。twitterアカウント持ってる人はダメ元で試してみてくださいな。(一応、自分では確認したけど・・・)


技術的な記録

レンタルサーバはここを借りた。無料でPHP動かしていいというのがありがたい。
land.to http://land.to/

land.toのサーバでcronが使えるのかわからなかったので、下記のサービスを利用。ドイツ語のサイトだけど、Japanizeの翻訳が効く。

cron-job
http://www.cron-job.org/

上記キットのphpソースをcron-jobから起動するとなぜか「最大長超過」でダメだしされた。実行時に出力されるメッセージがcron-job側の制限より長すぎたようだ。かといってメッセージを表示させないようにすると障害解析等で苦労しそうなので、PHP.iniのignore_user_abortをいじった。この対処が妥当なのかは自信なし。


10/5追記
 cron-jobからの起動が1週間くらいで止まってしまっていて、せっかくリクエストくれたのにおみくじを返信できていない方がいた。(現在は復旧)
 1週間くらいで止まるものとして、ときどきは監視しないとダメみたい。


前回までのあらすじ
twitter 
[ 2009/09/22 02:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

tumblr

 twitterのついでに「tumblrについてもそろそろ一言いっておくか」。(ホッテントリ風)

■tumblrとはおよそこんなサービス
 ニュース、画像、動画、音声、その他諸々が雨のように降り注ぐ場所。それがtumblr。
 内容は、政治家、偉人、有名人の発言の引用とか、動物、静物、風景といったものから女性やアニメキャラの画像や動画まで様々。
 情報を受けるためのDashboard(他ユーザーの投稿が集約される)と、情報を発信するためのtumblelog(自分の投稿を公開する)の二つを操作しつつ、他のユーザーから他のユーザーへと情報のバケツリレーを行っていく。

 情報のバケツリレーのための仕組みとしてreblogがある。これがtumblrをtumblrたらしめている機能の一つ。他のユーザーの投稿を丸ごと引用して投稿し直すもの。履歴がつくので、人気のある投稿など十数人ものユーザーが名前を連ねることもあり、その様は壮観だ。これにはまた人気のあった過去の投稿が発掘され、再浮上して皆の視界に留まり続けるという面もある。

■基本的な使い方(ワタシのバヤイ)
 情報&画像の閲覧。twitter同様、「何かの役に立つ」ってのは期待してない。
 基本的には受け身。黙っていても大量の情報が流れ込んでくるので。

 reblogする際は、何か一言付け加えることも多い。素の投稿も少数ではあるが行っている。
 自分のブログの更新とかを取り込んでくれる機能も使っている。
 その結果がこれ。「ご覧の有様だよ!」

■reblog&like
 reblogとちょっと違うlikeという機能もある。自分が気に入った投稿を抱え込む機能。他人に閲覧させることも可能。
 私は自分のlikeを公開していない。ユーザー毎にいろいろ考えはあるようだが、私自身は「他の人に見せたいものはreblog。自分で秘かに(←重要)楽しみたいものはlike」としている。

■気になること
 ブログのフィードの取り込みがあっさりしすぎ。当ブログの記事など、タイトルだけになってしまう。
てをあらおう
 人によっては、自動の取り込みを利用せず、手作業で投稿しているようだ。
 そろそろ、この辺をサポートしてくれる連携サービスが現われてもいい頃だけど…。

■ツール
 tumblrサイトの素の機能に限って言えば、twitterよりリッチ。なので、PCではtumblrサイトの機能を強化するもの、投稿を手軽にするものを選んでいる。iPhoneから使うには逆に多機能すぎるので、iPhoneでは専用クライアントから利用。

 Tombloo(Win&Mac) … Firefoxからの投稿をアシスト。
 tumblr gear(iPhone) … iPhone用のアプリはtumblr公式も含めて複数あるが、これに落ち着いた。reblogが楽。
 Auto Pager(Win&Mac) … 次のページを自動的に読み込むFireFox機能拡張。tumblrサイト自身が追加読み込み対応しちゃったので不要に…。
 ここまで読んだ … 「しおり」がわりに。(「Macの手書き説明書」さん)

■follow&unfollow
 tumblrで誰のtumblelogを購読(follow)するかはtwitter以上にサービスの面白さを左右するポイントだと思う。

 tumblrでは一人一人のユーザーがCSの専門系チャンネルや、多すぎる情報を濾過してくれるフィルタに相当する。
 既存の購読先(following)の投稿、例えばアニメ系画像が気に入ったら、そのreblog元のユーザーをfollowする。reblog元はよりアニメ系画像に特化した投稿を行っているユーザーであることが多いからだ。大量のアニメ画像が一気になだれ込んで大喜びという寸法だ。
 ただし、それは元のfollowingというフィルタが外れるということでもある。なだれ込んできた大量のアニメ画像の多くがあまり好みに合わなかったということもありうる。そのときは元のfollowingの選択眼に感謝しつつ、reblog元のユーザーを購読解除(unfollow)。

 基本的には、自分をfollowしてきたユーザーは自分と好みの似ているユーザーつまりfollow候補であると考えてfollowし返している。
 最近は、自分と好みの似ているユーザーに加えて、そうでないユーザー、つまり既存のfollowingと投稿内容がカブってないユーザーを探してfollowすることが多い。
 これは「結局、全員follow」ということでなく、ダッシュボードの状況と気分で、自分の好みと多様性のバランスを取ろうとしている。

■おすすめ
 情報に飢えていて、とにかく受信のためのアンテナを増やしたい人には絶好のツール。ヒマ潰ししたい人にも。
 反面、あっという間に時が過ぎてしまうので、私は時間を決めて利用するようになった。
 全部の投稿を読めなくても、面白い投稿は他のユーザーがreblogして流し直してくれる。(一日中張り付いている廃人類もいるようだが)
 コミュニケーションのツールとしての性格は薄い。なので、twitterと違い、知人で周りを固めることはあまり意味を持たない。followingは投稿内容で判断すべし。

[ 2009/09/17 23:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。