スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

電子書籍

 自分の周囲ではイマイチ盛り上がってない電子書籍だけど、自分的にはブームとか関係なく、本を買う手段の一つとしてあり「電子版があるものは、電子版をデフォルトとする」マイルールが確立してる。電子版がなければ「古本買って自炊」、古本もなければ「新刊買って自炊」みたいな感じ。


eBookJapan
コミックが欲しいときにまず探すのがここ。

 iPhone、iPadにいち早く対応している。けど、講談社など出版社によってiOS機器での使用が許諾されていないものが多いので現状片手落ちみたいな状況。ここは出版社側の頑張りどころだと思う。今持ってるeBookの8割以上が講談社のコミックで、それらのことごとくに×印がついているのは寂しいことこの上ない。どうなんですか、講談社さん。
 権利管理など縛りは厳しいが、操作ミスで引越しに失敗したときの手当などサポートに泣きついて助けてもらうこと再三に渡っている。サービスの実際は規約の文面の印象よりかなり優しい。
 トランクサービス経由で機器間移動もサポート。PC間で直接ファイルをやりとりするほどの気軽さはないが、一方で、どの書籍がどのPCに入っているか調べることができるのが地味に便利。容量が大きければ一時的でない「押入れ」としても使うんだけど。
 紙の書籍では考えられなかった、「売りっぱなしでない、バックアップ&蔵書管理付きの書籍ビジネス」というのが成立しうるとしたら、今一番近い場所につけているのがここだと思う。


Fujisan.co.jp
ソフトウェア開発関連の雑誌をここで買っている。

 本代+手数料で紙の書籍を本屋で買うより割高なのが悲しい。
 にもかかわらず、利用し続けているのは「雑誌タダ読み定期便」の存在が大きい。これは様々な雑誌の見本誌を月一で届けてくれるサービス。
 何がありがたいって、書店の本棚で埋もれてそうなマイナーな雑誌がラインナップされているところ。業界誌、ペット関係からキャンピングカーみたいなジャンルまで。広告以外の全ページ読める。ただし、毎号読めるわけではない。そういう人は買えってことだね。
スポンサーサイト
[ 2011/01/14 02:30 ] アニメ・特撮 | TB(0) | CM(0)

自炊生活

 裁断機とドキュメントスキャナーで自宅の本を電子化し始めて結構たった。
 最近はブックオフで安売りされているコミックを買ってきては取り込むということもやっている。
 ただし、結局iPhoneで読む、ということが念頭にあるので、狙うのは「絵があまり緻密でなくて」「何度読んでも楽しめる」作品がよいとしている。

 で、最近はこれ。


Powered by POPit



 同じ作者の『修羅の~』シリーズにはあまり感銘を受けなかったが、この作品はとても楽しんで読んでいる。
 今では直接触れることの少ない帆船技術がSFにおける科学のトリックのような存在感をもって心をくすぐってくるのだ。
 シリーズも40巻を越え(20巻くらいまでしか読み進んでないが)いい加減キャラの数も増えてきていた。が、主人公が「自分で何でもやる」ってタイプじゃなくて、「他人の力を引き出すことに長ける」タイプなので、チート的な能力を持った主人公にもかかわらず、他のキャラがかすむことなく綺羅星のごとき輝きを放っている。
 キャラの個性際立つ魅力的なファンタジー作品。
[ 2010/03/03 01:03 ] レビュー・感想 | TB(0) | CM(0)

暴れん坊少納言6


Powered by POPit


赤女房:清少納言
青女房:紫式部
黄女房:和泉式部
黒女房:宰相の君

 5人めの戦士、桃女房がついに登場!演じるはあの中原麻衣さん(…だったらいいな)。

 宙を舞う鉄扇、赤く染まる戦場、梅壺に寧日なし!
[ 2010/02/27 11:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

あんじゃこりゃ

日本擬人化同人誌 「天然ボケの大七」 「変態ツンデレの神亀」
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50985997.html(アキバblogさん)

しかし「大七」が天然ボケキャラか・・・。
[ 2010/02/06 00:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

今期これを見ている (2010冬)

「とめはねっ!鈴里高校書道部」
 http://www.nhk.or.jp/drama8/tomehane/
 原作の雰囲気をあまり壊さずに進めていると思う。
 日野姉妹など原作よりかわいいかもしれん。
 田舎で父もたいへん熱心に観ていると母が言っとった。


「ヤマトナデシコ七変化」
 http://www.tbs.co.jp/yamanade2010/
 そもそも、なぜこの原作が選ばれたのか…。
 原作通りなのはイケメンが4人出てくるところくらい?
 特にスナコのブキミ演出が徹底されていないところに失望を感じる。


「特上カバチ!!」
 http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi/
 住吉さんは、もうちょっと厚化粧というか、トウがたった感じがほしかったなぁ。
 男嫌い・バツイチって設定に対して無理がありすぎ。


 アニメの新番組が1つもない…だと…。
[ 2010/01/25 00:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。